« 免疫を活性化する核酸医薬の効果をナノ粒子で増強する技術を開発 | トップページ | 運動時のお茶はNG 状況別水分補給のコツ »

2012年8月 5日 (日)

動いている物体の形を高速・精密に計測する技術を開発

動いている物体の形を高速・精密に
計測する技術を開発
-表面形状を30~2000コマ/秒で
3次元計測-

2012年8月2日 産業技術総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人 産業技術総合研究所
知能システム研究部門
サービスロボティクス研究グループ
佐川 立昌 研究員は、
国立大学法人 鹿児島大学 大学院
理工学研究科(工学系)
情報生体システム工学専攻 川崎 洋 教授、
公立大学法人 広島市立大学 浅田 尚紀 
大学院情報科学研究科 知能工学専攻 
古川 亮 准教授、青木 広宙 特任准教授と
共同で、運動・変形する物体表面の形状を
高速・高精度・高密度に計測する手法を
開発した。

 この技術は、波線からなる
格子パターン光を物体に投影し、カメラで
撮影することで、撮像された瞬間の
物体表面の3次元形状を計測可能とするもの
である。

 さらに、高速度カメラを使えば、非常に
速く運動・変形する物体の計測もできる。

 従来の技術ではなしえなかった、
高速・精密な形状計測を同時に実現する
ことで、運動する人体の観測による人間の
運動解析や医療への応用、柔軟に変形する
衣服のモデリング、また、衝突による
構造物の変形のような高速な事象における
材料・構造物の解析などへの利用が期待
される。

 なお、この技術の詳細は、
2012年8月6日~8日に福岡で開催される
第15回画像の認識・理解シンポジウム
(MIRU)および2012年8月28日~9月1日に
米国サンディエゴで開催される
The 34th Annual International
Conference of the IEEE Engineering
in Medicine and Biology Society
(EMBC2012)で発表される。
---------------------------------------

>従来のモーションキャプチャシステム
>では数十点の位置を計測するのに対して、
>この技術では、数万点の位置を高密度に
>計測できる。
>一方、市販ゲームに用いられている
>あるセンサーでは、1~2 cmの誤差が
>あるのに対し、この技術では1~2 mmの
>誤差と高精度である。
>また、今後は計算機の性能を向上させ、
>撮影しながら形状を得るリアルタイム
>計測をめざしている。
>高速・精密な形状計測をリアルタイムに
>行うことが可能となれば、現在多くの
>企業が開発に取り組んでいる、
>ナチュラルインターフェースに
>ブレークスルーをもたらす技術となる。

とのことで、素晴らしい技術のようです。
これからの発展に期待したい。

|

« 免疫を活性化する核酸医薬の効果をナノ粒子で増強する技術を開発 | トップページ | 運動時のお茶はNG 状況別水分補給のコツ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55356415

この記事へのトラックバック一覧です: 動いている物体の形を高速・精密に計測する技術を開発:

« 免疫を活性化する核酸医薬の効果をナノ粒子で増強する技術を開発 | トップページ | 運動時のお茶はNG 状況別水分補給のコツ »