« イオンドライヤー、実証実験被験者は一人 | トップページ | 移植せず心筋再生へ 慶大チーム、マウスの心臓で成功 »

2012年8月28日 (火)

北極海海氷の観測データ解析結果について

北極海海氷の観測データ解析結果について
~北極海海氷の面積 観測史上最小に~

平成24年8月25日
宇宙航空研究開発機構

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、
7月3日から第一期水循環変動観測衛星
「しずく」(GCOM-W1)による地球の観測を
継続してきました。

 マイクロ波放射計が観測した海氷データを
解析した結果、今年の北極海の海氷は、
観測史上最も小さい面積を記録したことを
確認しました。

 北極海氷の面積は、衛星観測史上最小
だった2007年(425万平方キロメートル)
より下回り、8月24日現在で、421万平方
キロメートルまで縮小しました。

 北極海氷は例年、9月中旬から下旬に
かけて海氷面積が最小になります。

 融解最小時期に向けて北極海氷の融解
は、まだしばらく続く見込みです。

 JAXAでは、今後も「しずく」による
北極海氷の監視を続けていき、
プレスリリースやウェブサイト等で
最新の状況をご報告する予定です。
---------------------------------------

どんどん北極海氷の面積が小さくなって
行きますね。

残念ながら、ホッキョクグマは住めなく
なってしまいます。

どうしようもない。

|

« イオンドライヤー、実証実験被験者は一人 | トップページ | 移植せず心筋再生へ 慶大チーム、マウスの心臓で成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55526982

この記事へのトラックバック一覧です: 北極海海氷の観測データ解析結果について:

« イオンドライヤー、実証実験被験者は一人 | トップページ | 移植せず心筋再生へ 慶大チーム、マウスの心臓で成功 »