« 米政府、新規原発認可を停止。使用済み核燃料問題の懸念から | トップページ | 見えないがんの気配キャッチ 京大と島津製作所が新技術 »

2012年8月14日 (火)

脳障害:たんぱく質投与で改善 名市大院がマウス実験

脳障害:たんぱく質投与で改善
名市大院がマウス実験

2012年08月14日 毎日jp

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「オリゴデンドロサイト」という脳の
細胞を再生し、脳の白質傷害の改善に
つなげることに、名古屋市立大大学院の
沢本和延教授(再生医学)らの研究チーム
がマウス実験で成功した。

 新生児の脳障害の治療への応用が期待
されるという。

 研究成果は米科学誌「ステム・セルズ」
電子版に近く掲載される。

 研究チームは、生後5日のマウス10匹
を使い、脳を流れる血液を減らして
低酸素状態のプラスチック箱に入れ、
白質傷害の状態にした。
 5匹には、細胞成熟効果がある
たんぱく質「アシアロエリスロポエチン」
を投与し、残りの5匹は投与せずに比較
した。

 すると約2週間後、投与されたマウス
は、再生されたオリゴデンドロサイトが、
投与されないマウスの約3倍になった。

 約1カ月後には歩行機能も正常な状態に
近づいたという。
---------------------------------------

再生医療は、こういうアプローチも
あるのですね。

期待したいと思います。

|

« 米政府、新規原発認可を停止。使用済み核燃料問題の懸念から | トップページ | 見えないがんの気配キャッチ 京大と島津製作所が新技術 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55421924

この記事へのトラックバック一覧です: 脳障害:たんぱく質投与で改善 名市大院がマウス実験:

« 米政府、新規原発認可を停止。使用済み核燃料問題の懸念から | トップページ | 見えないがんの気配キャッチ 京大と島津製作所が新技術 »