« 東芝、レアアース・ジスプロシウムを使用しないモーター用磁石を開発 | トップページ | 原子力「安全保障」の怪 基本法改定「平和目的と矛盾」 »

2012年8月16日 (木)

バイオ技術使った肺の難病治療薬候補、東京医科大などが開発

バイオ技術使った肺の難病治療薬候補、
東京医科大などが開発

2012/8/16 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京医科大や創薬ベンチャーのボナック
(福岡県久留米市)、三重大などは、
バイオ技術を使い肺の難病である
「肺線維症」の治療薬候補を開発した。

 動物実験で安全性と効果を確認した。

 2~3年以内をメドに人での臨床試験
(治験)を始めたい考え。

 16日付の米科学誌「プロスワン」に
掲載される。
 国立がん研究センターや大阪大も研究に
参加した。

 肺線維症は肺の組織が硬くなり呼吸が
しづらくなる病気で、根本的な治療法が
ない。

 開発したのは病気の原因となる遺伝子
「TGF―β」の働きを抑えるRNA
(リボ核酸)を使った核酸医薬。

 モデルマウスの肺の細胞に気道を介して
この物質を導入したところ、遺伝子の働き
が抑えられ肺の組織が硬くならなかった。
---------------------------------------

良いですね。
核酸医薬だそうです。

>2~3年以内をメドに人での臨床試験
>(治験)を始めたい
とのことですので期待大です。
良い結果が出ると良いですね。

|

« 東芝、レアアース・ジスプロシウムを使用しないモーター用磁石を開発 | トップページ | 原子力「安全保障」の怪 基本法改定「平和目的と矛盾」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55435962

この記事へのトラックバック一覧です: バイオ技術使った肺の難病治療薬候補、東京医科大などが開発 :

« 東芝、レアアース・ジスプロシウムを使用しないモーター用磁石を開発 | トップページ | 原子力「安全保障」の怪 基本法改定「平和目的と矛盾」 »