« 新潟大、低血糖脳症治療に有効な物質確認 | トップページ | 患者さん由来 iPS細胞でALS病態解明・治療薬シーズを発見 »

2012年8月 2日 (木)

寒冷地でも動作不良のない保温機能付きのAED保管ケース

寒冷地でも動作不良のない
保温機能付きのAED保管ケース

26 JULY 2012 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 マイセック(Misec)が開発する
保温機能付きAED保管ケースは寒冷地域
でのバッテリー出力低下などによる
動作不良や電極パットの凍結を防ぐこと
が可能です。

 ケース内部に『省エネ・ナノヒーター』
を採用し、サーモスタットにより庫内の
温度が10℃を下回った場合のみヒーターが
作動します。

 保管ケースの色は国際蘇生法連絡委員会
が定めるPANTONE348Cを使用し、スタンドの
上部には緊急時に場所がすぐに分かる
ように住所や場所を記載しています。

 現在は100VのAC電源が必要ですが、
今後は太陽光発電や風力発電を利用し、
どこにでも設置できるような製品開発を
進めていく予定です。
---------------------------------------

これも、地味ですが、大切なことですね。

「いざ」と言うときに、動作しないと
大変です。

|

« 新潟大、低血糖脳症治療に有効な物質確認 | トップページ | 患者さん由来 iPS細胞でALS病態解明・治療薬シーズを発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55335200

この記事へのトラックバック一覧です: 寒冷地でも動作不良のない保温機能付きのAED保管ケース:

« 新潟大、低血糖脳症治療に有効な物質確認 | トップページ | 患者さん由来 iPS細胞でALS病態解明・治療薬シーズを発見 »