« がん再発につながる細胞を発見 | トップページ | 武田やエーザイ、認知症進行抑止へ新薬 »

2012年8月 9日 (木)

42℃のお風呂に入った後は紫外線によるシワができにくい! -慶応大などが発見

42℃のお風呂に入った後は紫外線
によるシワができにくい!
-慶応大などが発見

2012/08/08 マイナビニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 慶應義塾大学(慶応大)は8月7日、
熊本大学、名古屋大学、再春館製薬所との
共同研究により、マウスの皮膚をお湯に
つけることでシワを防げること、同時に
熱によって体内で増える
「熱ショックタンパク質70(HSP70)」が
重要な役割を果たしていることを発見した
と発表した。

 成果は、慶應大慶應大学薬学部の
水島徹教授らの共同研究グループに
よるもの。

 研究の詳細な内容は、皮膚科学の分野で
最も権威のある米国科学雑誌
「Journal of InvestigativeDermatology」
に掲載されると共に、9月19日から
イタリアで開催される、
欧州研究皮膚科学会で発表される予定だ。

 シワの最大の原因は紫外線だ。
 紫外線を浴びることでコラーゲンは
その質が劣化し、生産量が減って
しまったり、コラーゲン分解酵素が増えて
しまったりして、その結果、シワが生じて
しまうのである。

 一方、熱ショックタンパク質(HSP)は、
細胞が熱などのストレスを受けると細胞内
で作られるタンパク質の1種だ。
 熱だけでなく、毒物や紫外線など
さまざまなストレスを受けると増え、
細胞をストレスに強くすることが
知られている。

 HSPにはさまざまな種類があるが、
中でもHSP70は細胞を保護する作用が
最も強い点で注目されているHSPだ。

 研究グループでは以前から、皮膚に
おけるHSP70の働きを研究し、紫外線
による皮膚の傷害を抑えたり、
紫外線によるシミ(メラニンの過剰な生産)
を抑えたりすることを発見してきた。

 こうした結果は、HSP70を増やす物質が
理想的な抗シミ化粧品になることを
示している。

 ちなみにメラニンは紫外線から皮膚を
守る働きをしているため、単にメラニンの
生産を抑えるだけの抗シミ化粧品は、
紫外線による皮膚傷害を悪化させてしまう
ので抗シミという点ではマイナスである。

 実際に研究グループでは、HSP70を増やす
天然物を検索し、「ヤバツイ」や
「アルニカ」という植物の成分が安全に
HSP70を増やすことを発見。

 これらを配合した化粧品はすでに
再春館製薬所が商品化済みだという。

 一方、これまでHSPとシワに関しては
まったく研究されておらず、今回初めて
詳細な研究が行われ、成果が挙げられた
形だ。
---------------------------------------

熱ショックタンパク質役にたってます。

熱ショックタンパク質は疲労にも効く
らしいですよ。

例の分子シャペロンにも関係してますし、
人の身体って良く出来ていますね。

ご参考リンク
熱めのお風呂でストレス防御と
免疫力アップ

2009年12月01日

|

« がん再発につながる細胞を発見 | トップページ | 武田やエーザイ、認知症進行抑止へ新薬 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55385614

この記事へのトラックバック一覧です: 42℃のお風呂に入った後は紫外線によるシワができにくい! -慶応大などが発見:

« がん再発につながる細胞を発見 | トップページ | 武田やエーザイ、認知症進行抑止へ新薬 »