« 室温において乾電池程度の電圧で電気的性質と結晶構造をスイッチ | トップページ | ヤマイモ成分にアルツハイマー改善効果…富山大 »

2012年7月29日 (日)

極端な炭水化物制限「生命の危険も」…学会警鐘

極端な炭水化物制限「生命の危険も」
…学会警鐘

2012年7月27日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 主食を控える「糖質制限食
(低炭水化物食)」について、
日本糖尿病学会は26日、
「極端な糖質制限は健康被害をもたらす
危険がある」との見解を示した。

 糖質制限食は、糖尿病の治療や
ダイエット目的で国内でも急速に広まって
いる。

 同学会の門脇孝理事長(東大病院長)は
読売新聞の取材に対し、「炭水化物を
総摂取カロリーの40%未満に抑える
極端な糖質制限は、脂質やたんぱく質の
過剰摂取につながることが多い。

 短期的にはケトン血症や脱水、長期的
には腎症、心筋梗塞や脳卒中、発がん
などの危険性を高める恐れがある」と
指摘。

 「現在一部で広まっている糖質制限は、
糖尿病や合併症の重症度によっては生命
の危険さえあり、勧められない」と
注意した。
---------------------------------------

極端なダイエットは気をつけましょう。

食事はバランス良くとることが必須。
何事もその上にしか成り立たないはず。

|

« 室温において乾電池程度の電圧で電気的性質と結晶構造をスイッチ | トップページ | ヤマイモ成分にアルツハイマー改善効果…富山大 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極端な炭水化物制限「生命の危険も」…学会警鐘:

« 室温において乾電池程度の電圧で電気的性質と結晶構造をスイッチ | トップページ | ヤマイモ成分にアルツハイマー改善効果…富山大 »