« アレルギーの新たな抑制経路の発見 - 慢性難治性アレルギー疾患の新規治療法確立に期待 - | トップページ | わずか20年後には始まる 一気に4000万人が消える!人口激減社会ニッポン これがあなたの子と孫の未来だ »

2012年7月 6日 (金)

ピラミッド:素粒子で「レントゲン」撮影計画 東大地震研

ピラミッド:素粒子で「レントゲン」撮影計画
東大地震研

毎日新聞 2012年07月01日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙から飛来し巨大な岩も通り抜ける
素粒子の性質を利用して、エジプトの
ピラミッドの「レントゲン写真」撮影を
東京大地震研究所の田中宏幸准教授
(高エネルギー地球科学)らが計画して
いる。

 撮影で、これまで知られていなかった
ピラミッド内の空間や通路が見つかる
可能性もあるという。【鳥井真平】

 撮影に使用するのは、地球に飛来する
宇宙線が大気と衝突する際に発生する
「ミュー粒子」。

 物質の密度によって粒子の透過量が変化
する性質がある。

 田中准教授はこの性質を利用して、山や
地面を「撮影」し、立体画像にする技術
「ミューオトモグラフィー」を開発した。

 これまで活火山の浅間山
(群馬、長野県境)の内部や日本を東西に
分ける大断層線「糸魚川?静岡構造線」の
立体画像化に成功している。

 撮影の対象は、エジプト・ギザにある
クフ王の大ピラミッド。

 フランスの建築家
ジャンピエール・ウーダン氏が建造方法
について、内部に上向きに傾斜がついた
トンネルをらせん状に造りながら石を
積み上げていったとする「内部トンネル説」
を提唱しており、その真偽を確かめる。
---------------------------------------

面白いです。

東京大地震研究所、田中宏幸准教授が
研究している技術ですね。

私の投稿では、同類のものがあって、
宇宙からの素粒子利用、
福島原発炉心の透視作戦

2012年1月10日
が最近のものかな?

これが成功したのかどうか?
ニュースが聞こえてきませんが
どうなったのでしょうか?

放射線が高くてなかなか実施できない
状況なのかな?

すごく有益な技術だと思います。
役立つと思うのだけれど?

特に福島原発炉心の透視は重要だと
思う。
炉心状態の把握はいつになるのか
良くわからないのが現状。

|

« アレルギーの新たな抑制経路の発見 - 慢性難治性アレルギー疾患の新規治療法確立に期待 - | トップページ | わずか20年後には始まる 一気に4000万人が消える!人口激減社会ニッポン これがあなたの子と孫の未来だ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55132092

この記事へのトラックバック一覧です: ピラミッド:素粒子で「レントゲン」撮影計画 東大地震研:

« アレルギーの新たな抑制経路の発見 - 慢性難治性アレルギー疾患の新規治療法確立に期待 - | トップページ | わずか20年後には始まる 一気に4000万人が消える!人口激減社会ニッポン これがあなたの子と孫の未来だ »