« NASAの「ヒ素で生きる細菌」否定する論文 | トップページ | SCA36の臨床像 »

2012年7月15日 (日)

産みたいのに 産めない ~卵子老化の衝撃~

産みたいのに 産めない
~卵子老化の衝撃~

2012年6月23日 NHKスペシャル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 いま、全国の不妊治療クリニックに、
30代、40代の女性たちが次々と訪れ、
衝撃を受けている。

 健康なのに、妊娠の可能性が低いと
告げられるのだ。

 原因は「卵子の老化」。

 女性の卵子は年齢とともに年を重ね、
35歳の女性が出産できる可能性は
20歳代の半分になる。

 しかし、多くの女性はこの事実を治療に
来て初めて知るという。

 晩婚化が進む現代、不妊は先進国共通の
課題だ。

 しかし、日本は特異な状況にある。

 不妊の検査や治療を受けたことのある
夫婦は、6組に1組。

 不妊治療専門のクリニックが世界一
多く、体外受精の実施数も世界一になって
いる。

 女性の社会進出を進める一方で、
いつ産むのかという視点を見過ごしてきた
日本のひずみが現れている。

 「卵子の老化」による不妊をさらに
深刻化させる一因は、男性側にもある。

 実は、不妊の原因の半分は男性側に
あるが、夫が不妊の検査に行きたがらず、
ようやく治療が始まった時には、
妻の卵子が老化しているというケースが
後を絶たない。

 専門家は「早くに気付いて治療すれば、
自然妊娠が見込めるケースも多い」と
指摘する。

 番組では、全国の医療機関と
不妊治療経験者を対象に、大規模な
アンケート調査を実施。

 “不妊大国”ニッポンの姿を明らかに
する。

 そして、これまで個人の問題と
とらえられてきた不妊が、実は、社会で
向き合わなければ解決できない実態を
浮き彫りにする。


放送を終えて
 「若い人たちに、自分と同じ思いを
して欲しくない」。

 取材に応じて頂いた方々が口をそろえて
おっしゃっていた言葉です。

 親にも、兄弟にも、友人にも
打ち明けられない不妊治療。

 涙ながらにお話頂いた苦しみの声が、
どうすれば多くの人の心に届くのか。

 悩み抜いた日々でした。

 また、アンケートで寄せて頂いた
8000人を超える人々の声。
 一枚一枚に、壮絶な叫びが込められて
いました。
 番組スタッフで何度も読み返すうちに、
不妊が急増する社会の背景、さらに夫の
無関心によって広がる不妊の実態が
浮かび上がってきました。

 卵子が、老化する。
 その事実を直視する番組は、
ともすると多くの人を傷つけかねません。

 2月に同じテーマで放送した
「クローズアップ現代」のときも
そうでしたが、編集室では何度も議論を
繰り返しました。

 「卵子の老化」を知らないことで、
広がってしまう不妊。

 一方で、知っていたとしても簡単には
妊娠・出産することができない、私たちの
社会。

 「産みたいのに産めない」。
 そんな叫びを一つでも減らすことが
できるよう、卵子の老化について多くの
人々が考える契機になれば幸いです。

 またご協力頂いたたくさんの方々に、
この場を借りてお礼申しあげます。
---------------------------------------

知らない、あるいは知らさせていなかった
ことがあります。

卵子って、その都度作られるものだと
思っていましたが、
そうではないんですね。

こんな基本的なことが、知らされて
いなかったというのはどこかおかしいと
私は思います。

出産するしないという選択の自由は
各個人にあるとは、思いますが、
人とて、生き物である以上、
生物としての制限、限界があるはず、
その限界を超えての選択はあり得ない。

正しい選択をする為には、正しい知識が
必要です。

その意味でこの番組は素晴らしいものだと
思う。

勉強させて貰いました。
知らないことが沢山あります。

|

« NASAの「ヒ素で生きる細菌」否定する論文 | トップページ | SCA36の臨床像 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55198984

この記事へのトラックバック一覧です: 産みたいのに 産めない ~卵子老化の衝撃~:

« NASAの「ヒ素で生きる細菌」否定する論文 | トップページ | SCA36の臨床像 »