« 幹細胞由来成長因子を用いた骨の再生医療 ~細胞移植を行わず骨の再生に成功 名大病院などで臨床研究開始~ | トップページ | 太陽熱発電 »

2012年7月 7日 (土)

やけどに「ラップ療法」要注意 効果の一方、重症例も

やけどに「ラップ療法」要注意
効果の一方、重症例も

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 やけどを食品用ラップなどで覆って
治す「ラップ療法」で、傷口が腐って足を
切断したり、重い感染症を起こしたりする
例が相次いでいることが、日本熱傷学会の
調査でわかった。

 やけどの治療に不慣れな医師が用いて
悪化させている例もあり、同学会は今後、
注意を呼びかける声明を出す。
---------------------------------------

要注意ですね。
とは言いながらどう注意すれば良いのか?

基本的には有効な治療のようですが、
医師の言葉を100%守って足を失っては
どうしようもない。

経過を見て、おかしいと思ったら強く医師に
主張する必要があると思います。
感染症は個人差があるのでわからない。

関連リンクです。
ラップ療法
徳島県医師会

|

« 幹細胞由来成長因子を用いた骨の再生医療 ~細胞移植を行わず骨の再生に成功 名大病院などで臨床研究開始~ | トップページ | 太陽熱発電 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55139309

この記事へのトラックバック一覧です: やけどに「ラップ療法」要注意 効果の一方、重症例も:

« 幹細胞由来成長因子を用いた骨の再生医療 ~細胞移植を行わず骨の再生に成功 名大病院などで臨床研究開始~ | トップページ | 太陽熱発電 »