« がん細胞の悪性化をもたらす代謝制御メカニズムを発見 | トップページ | ガンの免疫療法に朗報 »

2012年7月13日 (金)

宇宙では長寿になる?

宇宙では長寿になる?
2012年7月9日
サイエンスポータル編集ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙での滞在は老化が遅れ、長生き
できる可能性のあることが、東京都健康
長寿医療センター研究所や宇宙航空研究
開発機構(JAXA)などの研究チームによる
線虫を使った実験で分かった。

 線虫は体長1ミリメートルほどの細長い
糸状の虫。

 研究チームは数百匹の線虫を、
2004年4月打ち上げのソユーズ宇宙船で
国際宇宙ステーション(ISS)に運び、
実験棟で育ててもらった。

 宇宙空間での滞在は約11日間で、地上に
持ち帰って調べると、加齢に伴って蓄積
するタンパク質の量が通常よりも減って
いた。

 また、神経伝達や内分泌の働きに関係
する11種類の遺伝子の作用が低下していた。

 このうち特に機能が低下していた7種類
の遺伝子(cha-1、glr-1など)を、地上で
飼育した線虫で働かないようにした
ところ、通常1カ月ほどの線虫の寿命が
10-30日ほど延びたという。

 宇宙の微小重力環境がどのように遺伝子
の働きに作用したのか、さらに他の
宇宙環境の要因による影響など、いくつか
の研究課題があるという。

 今回の研究結果は、英国の科学誌
「サイエンス・リポーツ」
(Scientific Reports、5日付)に発表
された。
---------------------------------------

>宇宙での滞在は老化が遅れ、長生き
>できる可能性がある
と言っていますが、放射線被曝の影響は
どうなんでしょう?


JAXA宇宙飛行士の被曝管理を見ると
地球上の通常の規定より随分高いように
見えます。
発がんのリスク約3%を許容するという
ことのようです。

Jaxa


画像で貼り付けたのですごく見にくい。

詳細は
国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士の
放射線被曝管理指針

を見て下さい。

今、すごく神経質に被曝がどうのと騒いで
いますが、実際のところどうなの
でしょう? はっきりさせて欲しい。

宇宙飛行士だけが特別な存在ではない
はず。地上にいる人達と同様に安全
でないといけないはず。

長い時間で見れば、地球は全ての人達を
養っていくには小さすぎるので、宇宙に
出ていくことも考慮しないといけなくなる
と思うのですが、現在地上で設定されて
いる基準との整合性はどうなのでしょう?

整合していないように見える。
気になるところです。


|

« がん細胞の悪性化をもたらす代謝制御メカニズムを発見 | トップページ | ガンの免疫療法に朗報 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55184955

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙では長寿になる?:

» 長寿 最新情報 - 知識陣 (健康 健康) [知識陣 健康]
長寿 に関する最新情報 [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 05時34分

« がん細胞の悪性化をもたらす代謝制御メカニズムを発見 | トップページ | ガンの免疫療法に朗報 »