« 網膜色素変性の治療でDDS開発 東北大など共同で | トップページ | 東京電力、スマートメーターの方針を転換。TCP/IPベースのオープンな仕様に »

2012年7月23日 (月)

世界最軽量の炭素素材を開発

世界最軽量の炭素素材を開発
2012年7月20日
サイエンスポータル編集ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ドイツのキール大学や
ハンブルク工科大学のチームは18日、
空気密度よりも軽い世界最軽量の炭素素材
を開発したことを、ホームページで
明らかにした。

 新素材は三次元ネットワーク炭素構造の
検索によって見つけたもので、多孔質の
細かい網構造をしている。

 密度は1立方センチメートル当たり
0.2 ミリグラムと、空気
(1気圧、20℃の場合)の密度
約1.2ミリグラムよりも小さく、これまで
最軽量とされたニッケル素材の4分の1ほど
の軽さだ。

 さらに、発泡スチロールの75分の1の
軽さながら、95%に圧縮されても元に戻る
など、まるでスポンジのように圧縮や
引っ張りに強く、導電性にも優れる
という。

 “空気のような黒鉛(グラファイト)”の
意味から「エアロ・グラファイト」と
名付けられた新素材は、ナノウォールや
マイクロチューブとしての加工も可能で、
電気自動車のリチウム電池や航空機、
人工衛星などの軽量化などに役立つかも
しれないという。
---------------------------------------

日々新しいものが出てきますね。

どういう所に最初の応用製品が出てくる
のか楽しみです。

全然話がかわるのですが、電気自動車が
エコがどうかは、その国の電力システムに
関わってくる。

化石燃料で発電している国で電気自動車の
比率を上げたところで、本当のエコには
ならない。

本当にエコを目指すなら、
再生可能エネルギー比率を上げることを
真剣に考えないといけないはずですが、
政治家は一体何を目指しているのかな?

|

« 網膜色素変性の治療でDDS開発 東北大など共同で | トップページ | 東京電力、スマートメーターの方針を転換。TCP/IPベースのオープンな仕様に »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55261109

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最軽量の炭素素材を開発:

« 網膜色素変性の治療でDDS開発 東北大など共同で | トップページ | 東京電力、スマートメーターの方針を転換。TCP/IPベースのオープンな仕様に »