« 核燃料の処分―国の責任で新戦略を | トップページ | ヒトiPS細胞から肝細胞への分化特性はドナーに依存する »

2012年7月20日 (金)

太陽光発電の効率、従来の倍以上に 京大が新技術

太陽光発電の効率、従来の倍以上に
京大が新技術

2012年7月15日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 太陽光発電の能力をいまの2倍以上に
高める技術を京都大が開発した。

 特殊なフィルターを使い、太陽光の熱を
発電用電池が吸収しやすい特定の光に
変える。

 英科学誌ネイチャー・フォトニクス
(電子版)で発表した。

 太陽電池で最も普及しているシリコンは、
太陽光のエネルギーを電気に変える効率が
20%程度。

 どんなにがんばって改良しても30%
ほどが限界とされる。

 太陽光にはいろいろな波長の光が
混ざっている一方、シリコンが吸収して
電気に変えられる光は特定の波長に
偏っているためだ。

 京大の野田進教授(電子工学)らは、
特定の波長だけを取り出す特殊な
「フィルター」のような素材を開発した。

 厚さ6.8ナノメートル
(ナノは10億分の1)のガリウムヒ素
という半導体の膜を、
アルミニウムガリウムヒ素という半導体
の膜ではさんだ
---------------------------------------

ついに効率倍の太陽光発電が実現しそう
です。

先日投稿の
物体からの熱輻射スペクトルの大幅な
狭帯域化に成功
―高効率太陽電池応用など、
エネルギーの有効利用に向けた重要な
一歩を達成―

2012年7月13日

の真っ先に浮かぶ応用ですね。
期待したい。

原理は単純ですが、これが
現在最高効率のもののようです。
太陽電池セルで集光時
世界最高効率43.5%を達成

2012年5月31日 NEDO

|

« 核燃料の処分―国の責任で新戦略を | トップページ | ヒトiPS細胞から肝細胞への分化特性はドナーに依存する »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55237817

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電の効率、従来の倍以上に 京大が新技術:

« 核燃料の処分―国の責任で新戦略を | トップページ | ヒトiPS細胞から肝細胞への分化特性はドナーに依存する »