« 化学物質注射でマウスの視力回復、米研究 | トップページ | 肥大化するマイナンバー制度、不要な機能を盛り込む"愚策" 村上憲郎のグローバル羅針盤(44) »

2012年7月31日 (火)

植物並みの人工光合成 パナソニックが技術開発

植物並みの人工光合成
パナソニックが技術開発

2012.7.30 msn 産経ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 パナソニックは30日、自然の植物と
ほぼ同じ効率で光合成ができる、
人工光合成の新技術を開発したと発表
した。

 太陽光のエネルギーと水を使って
二酸化炭素(CO2)を吸収し、有機物を
つくり出すもので、人工光合成の効率は
世界最高。

 平成27年度に自動車や発電の燃料
として利用できるエタノールを同じ効率
で生成することを目指す。

 地球温暖化と化石燃料の枯渇を解決する
新たな手段と位置付けて開発。

 発光ダイオード(LED)に使われる
光を吸収する半導体を利用し、希少金属
の一種を触媒に使用した。

 従来の技術より効率が約5倍になった。

 エタノールはバイオ燃料として利用が
進んでいるが、植物から生成するのは
栽培や運搬で手間やコストが必要。

 実用化すれば、エタノールが労力を
掛けずに生産できるようになる。
---------------------------------------

良さそうです。

光合成も、いよいよ植物並にできるように
なってきましたね。

>変換効率で0.2%を達成できた
らしいです。

関連記事
パナソニック、植物並みの効率の
人工光合成を窒化物半導体で実現

2012/7/30 日本経済新聞

|

« 化学物質注射でマウスの視力回復、米研究 | トップページ | 肥大化するマイナンバー制度、不要な機能を盛り込む"愚策" 村上憲郎のグローバル羅針盤(44) »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55321120

この記事へのトラックバック一覧です: 植物並みの人工光合成 パナソニックが技術開発:

« 化学物質注射でマウスの視力回復、米研究 | トップページ | 肥大化するマイナンバー制度、不要な機能を盛り込む"愚策" 村上憲郎のグローバル羅針盤(44) »