« 文化庁、違法ダウンロードの刑罰化に対するQ&Aを公開 | トップページ | ルミオテック、太陽光に近い有機EL照明開発 博物館・衣料店舗向け8月に量産開始 »

2012年7月18日 (水)

沖縄・久米島で海洋温度差発電の実証試験

沖縄・久米島で海洋温度差発電の実証試験
2012年7月10日
サイエンスポータル編集ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 水温の高い表層海水と冷たい深層海水の
温度差を利用する「海洋温度差発電」の
実証試験が今年度中に、沖縄県久米島町で
始まることになった。

 同県が進める「平成24年度海洋深層水の
利用高度化に向けた発電利用実証事業」
を受託した「IHIプラント建設株式会社」
(本社・東京都江東区)と
「株式会社ゼネシス」
(本社・東京都中央区)、
「横河電機株式会社」
(本社・東京都武蔵野市)の3社が9日、発表
した。

 海洋温度差発電は、水温25-30℃の
海洋表層水によってアンモニアなどの
低沸点媒体を気化し、その蒸気で
タービンを回転させて発電させる。

 気化した低沸点媒体は5-7℃の深層水を
用いた熱交換ユニットで液体に戻し、
繰り返し発電に利用する仕組みだ。

 今回の実証試験では、2013年3月までに
小型の実証設備を建設し、実用化に向けて
の発電コストの低減方法や洋上型システム
設置の可能性などを検討する。

 IHIプラント建設は設備全体の設計と
建設、ゼネシスは発電・熱交換ユニット
の設計・製造、横河電機は発電ユニット
の監視・制御システムなどの設計・製造を
担当する。

 久米島町では2000年に
「沖縄県海洋深層水研究所」を開設して
取水を開始して以来、海洋深層水の
低水温・清浄性・富栄養性などの特徴を
生かして、島の産業の振興や育成に
取り組んでいる。

 水産分野ではクルマエビや海藻
「クビレズタ(海ぶどう)」などの生産、
農業分野では、夏場に栽培の困難な
ホウレンソウなどの葉物野菜の栽培に
海洋深層水を利用し、成果を上げている。

 さらに今回の、再生可能エネルギー
としての海洋温度差発電の技術導入を
含めて、新しい島しょタイプの
海洋深層水複合利用モデルの構築を
目指している。
---------------------------------------

良いですね。
頑張って下さい。

海洋温度差発電は
温泉などのバイナリ発電などと同じ原理
のようです。

温泉は、温泉の熱と地下の低温部分との
温度差を利用するものです。

いろいろ有るはずです。
どんどん挑戦して実用化して欲しい。

進まないのは、売電がネックなんでしょうか?
そうだとすると、結局は、電力政策次第と
いうことですね。

|

« 文化庁、違法ダウンロードの刑罰化に対するQ&Aを公開 | トップページ | ルミオテック、太陽光に近い有機EL照明開発 博物館・衣料店舗向け8月に量産開始 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55222666

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・久米島で海洋温度差発電の実証試験:

« 文化庁、違法ダウンロードの刑罰化に対するQ&Aを公開 | トップページ | ルミオテック、太陽光に近い有機EL照明開発 博物館・衣料店舗向け8月に量産開始 »