« 乳酸菌にストレス性睡眠障害改善効果を発見 | トップページ | 電解還元水の日常的な飲用はがんを抑制できる可能性がある - 九大が確認 »

2012年7月28日 (土)

脂肪幹細胞で乳房再形成 鳥取大病院、保険適用めざし検証

脂肪幹細胞で乳房再形成
鳥取大病院、保険適用めざし検証

2012/7/25 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 脂肪組織になる能力がある脂肪幹細胞を
自分の体からとり、がんの手術で乳房を
部分切除した所に移植し乳房を再び形成
する臨床研究を鳥取大病院(鳥取県米子市)
が始める。

 中山敏准教授らが25日までに発表した。

 厚生労働省によると、こうした再形成
の臨床研究が、同省の「ヒト幹細胞を
用いる臨床研究指針」の承認を受けた
のは初めて。

 国の指針に基づき安全性や有効性を検証
するのが目的。

 中山准教授は「今は保険適用外だが、
研究が成功すれば適用への道が開ける。

 再生医療を標準的な医療の選択肢の
一つにしたい」としている。

 対象は、乳房をできるだけ残す温存手術
を受けた患者5人で、25日から募集する。

 臨床研究では、患者の腹部や太ももから
脂肪を吸引し、吸引量の半分から
脂肪幹細胞を抽出。

 残り半分の脂肪組織とまぜて、患者の
乳房に注入する。

 術後最初の1年間は数カ月おきに経過を
観察し、乳がんの再発も5年間チェック
する。
---------------------------------------

良さそうです。

再生医療だんだん身近になってきました。

再生医療が標準的な医療の選択肢の一つに
なると良いですね。

研究が成功して保険適用となるよう期待して
います。

|

« 乳酸菌にストレス性睡眠障害改善効果を発見 | トップページ | 電解還元水の日常的な飲用はがんを抑制できる可能性がある - 九大が確認 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55298415

この記事へのトラックバック一覧です: 脂肪幹細胞で乳房再形成 鳥取大病院、保険適用めざし検証:

« 乳酸菌にストレス性睡眠障害改善効果を発見 | トップページ | 電解還元水の日常的な飲用はがんを抑制できる可能性がある - 九大が確認 »