« 宇宙では長寿になる? | トップページ | 物体からの熱輻射スペクトルの大幅な狭帯域化に成功 ―高効率太陽電池応用など、エネルギーの有効利用に向けた重要な一歩を達成― »

2012年7月13日 (金)

ガンの免疫療法に朗報

ガンの免疫療法に朗報
10.07.2012 The Voice of Russia

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米ボストンのブリガム・ウィメンズ病院
の研究者達は、免疫細胞の中に、
メラノーマ(黒色腫)の増殖にブレーキを
かける分子を発見した。

 これは、細胞内シグナル伝達分子,
インターロイキン9で、少なくとも
マウス実験では効果があった。
Zee Newsが伝えた。

 学者らは、TH17細胞と関係のある
遺伝子を持たないマウスを繁殖させた
場合、マウスは、もしTH17細胞の
シグナル伝達経路がブロックを結び、
インターロイキン9の発現が高まれば
メラノーマに抵抗できる事を発見した。

 その際、学者らはマウスの組織に、
健康な人間の血液中や皮膚に存在する
免疫細胞TH9を植え付けた。

 また注射でも、ガンの増殖を不可能に
することも分かった。

  研究グループの
指導者トマス・カッパ―博士は
「免疫セラピーは、ガン治療の有望な
方向だ」と考えている。

 現在、細胞間コミュニケーションの機能
を果たすシグナル伝達分子は、抗ガン剤
としてすでにテストされたが、
インターロイキン9の効用に関して
述べられるのは今回が初めて。
---------------------------------------

可能性としてこういうこともあるよ。
ということですね。

そんなにうまい条件がそろうとは
思えない

がん免疫療法が有用なことは理解
できますが、

|

« 宇宙では長寿になる? | トップページ | 物体からの熱輻射スペクトルの大幅な狭帯域化に成功 ―高効率太陽電池応用など、エネルギーの有効利用に向けた重要な一歩を達成― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55185456

この記事へのトラックバック一覧です: ガンの免疫療法に朗報:

« 宇宙では長寿になる? | トップページ | 物体からの熱輻射スペクトルの大幅な狭帯域化に成功 ―高効率太陽電池応用など、エネルギーの有効利用に向けた重要な一歩を達成― »