« 政府グリーン成長戦略 蓄電池市場世界シェア拡大、エコカー普及も推進 | トップページ | ピラミッド:素粒子で「レントゲン」撮影計画 東大地震研 »

2012年7月 5日 (木)

アレルギーの新たな抑制経路の発見 - 慢性難治性アレルギー疾患の新規治療法確立に期待 -

アレルギーの新たな抑制経路の発見
- 慢性難治性アレルギー疾患の
新規治療法確立に期待 -

平成24年6月28日
千葉大学ニュースリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 千葉大学大学院医学研究院の中山俊憲
教授のグループは、JST 課題解決型基礎研究
支援プロジェクト CREST 等のサポート
により、かずさ DNA 研究所 山下政克室長
らのグループと共同で、免疫を抑制する作用
を持つ液性因子の TGF-βが、アレルギー
性炎症の発症を抑える分子機構を解明
しました。

TGF-βがアレルギー性炎症を抑えることは
広く知られていますが、その背後にある
分子機構についてはよくわかっていません
でした。

 花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎など
をはじめとするアレルギー疾患は、
世界的に増加の一途をたどっており、
日本でも、国民の約 3 割が何らかの
アレルギー症状を示す状態になっています。

 アレルギー疾患は根治療法が確立されて
いないことから、一旦発症すると慢性化
することが多く治療が長期にわたり、患者の
肉体的、精神的、経済的負担が極めて大きい
ことから、現代医学が解決すべき大きな課題
の一つとなっています。

 本共同研究グループは、TGF-βによって
発現が誘導される Sox4 という転写因子が、
アレルギー反応を引き起こすヘルパーT 細胞
サブセットである Th2 細胞の産生を抑制
することを見出しました。

 さらに、Sox4 は既にできてしまった
Th2 細胞の機能も抑えることができること
も分かりました。

 そのため、今後、この仕組みをさらに
詳細に解析し、その制御法を見つけること
により、慢性難治性アレルギー疾患の
新しい予防法や根治治療法を確立できる
可能性があります。
---------------------------------------

少しずつですね。
期待しましょう。

|

« 政府グリーン成長戦略 蓄電池市場世界シェア拡大、エコカー普及も推進 | トップページ | ピラミッド:素粒子で「レントゲン」撮影計画 東大地震研 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55126453

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーの新たな抑制経路の発見 - 慢性難治性アレルギー疾患の新規治療法確立に期待 -:

« 政府グリーン成長戦略 蓄電池市場世界シェア拡大、エコカー普及も推進 | トップページ | ピラミッド:素粒子で「レントゲン」撮影計画 東大地震研 »