« QSI、エネルギー密度352kWh/kgを実現した可搬型空気電池システムを発表 | トップページ | 幹細胞の分化タイミングを制御する新しい分子機構-シグナルとエピゲノムの新しい連関- »

2012年6月21日 (木)

有機分子を用いた高エネルギー密度リチウムイオン電池の開発に成功

有機分子を用いた高エネルギー密度
リチウムイオン電池の開発に成功

2012年6月13日
東北大学プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東北大学多元物質科学研究所の本間 格
教授らはレアメタルフリーの有機正極材料
を用いた新タイプの高エネルギー密度型
リチウムイオン電池の開発に成功した。

 内閣府・最先端研究開発支援プログラム
「高性能蓄電デバイス創製に向けた革新的
基盤研究」(中心研究者 東京大学
水野 哲孝 教授)により行われた本研究の
成果は英国ネイチャー系オンライン科学誌
「Scientific Reports」に掲載されます。

詳細(プレスリリース本文)

---------------------------------------

レアメタルフリーの高エネルギー密度型
リチウムイオン電池。

>革新的電池への応用が期待出来ます。
とのことです。

早く、安価で優れた蓄電池を世に出せる
ように頑張って貰いたい。

色々なところで、蓄電池は必須ですから、

|

« QSI、エネルギー密度352kWh/kgを実現した可搬型空気電池システムを発表 | トップページ | 幹細胞の分化タイミングを制御する新しい分子機構-シグナルとエピゲノムの新しい連関- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55017284

この記事へのトラックバック一覧です: 有機分子を用いた高エネルギー密度リチウムイオン電池の開発に成功:

« QSI、エネルギー密度352kWh/kgを実現した可搬型空気電池システムを発表 | トップページ | 幹細胞の分化タイミングを制御する新しい分子機構-シグナルとエピゲノムの新しい連関- »