« My Stroke of Insight ―奇跡の脳― | トップページ | 肝臓再生の仕組みを解明…個々の細胞が肥大 »

2012年6月 4日 (月)

神経の難病治療に効果のある物質

神経の難病治療に効果のある物質
2012年6月4日 NHK NEWSWeb

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画あり。

---------------------------------------
 がんの治療に応用する研究が進められて
いるマイクロRNAと呼ばれる物質に
ついて、名古屋大学の研究グループが、
マウスを使った実験で神経の難病への治療
にも効果があることが分かり、
パーキンソン病などの治療法の開発に
役立つと期待されています。

 名古屋大学大学院医学系研究科の
祖父江元教授らの研究グループは、体内に
数百種類ある「マイクロRNA」と
呼ばれる物質の1つを異常なタンパク質が
蓄積して神経が壊れる難病を人工的に発症
させたマウスに1回だけ投与しました。

 その結果、投与したマウスは、投与
しなかった病気のマウスに比べて、動きが
活発になり、異常なタンパク質の量が
少なくなったということです。

 アルツハイマー病やパーキンソン病など
神経の難病の多くは、異常なタンパク質の
蓄積が原因ですが、取り除くことは難しく、
治療法の開発が課題になっています。

 マイクロRNAは、がん治療に応用する
研究が進められていますが、研究グループ
によりますと、神経の難病にも効果がある
ことを動物実験で示したのは初めてだと
いうことです。

 祖父江教授は「今は動物実験の段階だが、
それぞれの病気に応じたマイクロRNAを
見つけ出せれば新たな治療法の開発に
つながる」と話しています。
---------------------------------------

Good Newsだと思います。
この方向でのアプローチはなかったので
期待したいと思います。

参考として
「マイクロRNA」によるタンパク質合成
阻害の仕組みを解明

理化学研究所

という発表があります。
約2年前の発表です。

神経難病発症の元となるタンパク質合成
を阻害できるマイクロRNAを発見できれば
治療につながる可能性が出てきます。

期待したい。

関連記事です。こちらの方が詳しいです。
神経疾患の進行抑える治療法
名大など

2012/6/4 日本経済新聞

>他の神経変性疾患でも
>(1)異常タンパク質を合成する
   メッセンジャーRNA
>(2)それを安定させるタンパク質
>(3)その発現を抑えるマイクロRNA
   ―の組み合わせが分かれば、
   治療できるという。

だそうです。

名古屋大学のプレスリリースです。
マイクロ RNA による神経変性疾患の
新規治療法を開発

平成 24 年 5 月 28 日

|

« My Stroke of Insight ―奇跡の脳― | トップページ | 肝臓再生の仕組みを解明…個々の細胞が肥大 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54873717

この記事へのトラックバック一覧です: 神経の難病治療に効果のある物質:

« My Stroke of Insight ―奇跡の脳― | トップページ | 肝臓再生の仕組みを解明…個々の細胞が肥大 »