« NECと東北大、身近な熱源から発電できる新原理の素子を開発 ~電子機器や自動車などへの適用に向けて~ | トップページ | 毛はただの物理的バリアではない - 慶応大、毛嚢の免疫に関する機能を発見 »

2012年6月26日 (火)

特定神経回路のみ死滅 京大霊長類研、手法を開発

特定神経回路のみ死滅
京大霊長類研、手法を開発

2012/6/26 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ヒトやサルの脳は、1千億を超える
神経細胞が複雑に絡み合った神経回路を
つくり、高次脳機能を生み出しています。

 たとえば、パーキンソン病などの神経疾患
の遺伝子治療を行う際には、こうした複雑な
神経回路の中から特定の働きをしている
神経回路を見つけ出し、それを標的にする
必要がありますが、特定の神経回路だけを
標的にして遺伝子を導入することはこれまで
困難でした。

 今回、高田昌彦 霊長類研究所教授、
井上謙一 同特定助教、南部篤
自然科学研究機構生理学研究所教授、
纐纈大輔 同特任助教、小林和人
福島県立医科大学教授の共同研究グループ
は、サルで特定の神経回路だけを「除去」
できる遺伝子導入法の開発に世界で初めて
成功しました。

 この方法をパーキンソン病など、
さまざまな運動疾患にかかわる脳部位である
大脳基底核の神経細胞に適用したところ、
特定の神経回路の除去に成功、その神経回路
の働きを明らかにしました。

 今後、ヒトの神経疾患の遺伝子治療にも
応用できる技術です。

 この研究成果は、米国科学誌
「プロスワン」(6月25日号電子版)に
掲載されました。
---------------------------------------

>サルで特定の神経回路だけを「除去」
>できる遺伝子導入法の開発に世界で
>初めて成功しました。

>ヒトの神経疾患の遺伝子治療にも
>応用できる技術です。

とのことで期待したい。

詳細は、下記を参照してください。
霊長類で脳の特定の神経回路を「除去」
する遺伝子導入法を開発
-パーキンソン病などにかかわる脳部位
(大脳基底核)への適用に成功-

2012年6月26日
京都大学プレスリリース

先日投稿した下記とは少し異なる内容です。

霊長類の複雑な脳神経回路から特定の経路
を選り分ける"二重遺伝子導入法"を開発
脳から筋肉に至る"間接経路"も指先の巧みな
動きをコントロールしていることを発見

2012.06.18
生理学研究所プレスリリース

でも、同じ文部科学省・脳科学研究戦略
プログラム(課題C)にもとづく研究成果
のようです。

|

« NECと東北大、身近な熱源から発電できる新原理の素子を開発 ~電子機器や自動車などへの適用に向けて~ | トップページ | 毛はただの物理的バリアではない - 慶応大、毛嚢の免疫に関する機能を発見 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55056267

この記事へのトラックバック一覧です: 特定神経回路のみ死滅 京大霊長類研、手法を開発:

« NECと東北大、身近な熱源から発電できる新原理の素子を開発 ~電子機器や自動車などへの適用に向けて~ | トップページ | 毛はただの物理的バリアではない - 慶応大、毛嚢の免疫に関する機能を発見 »