« 神戸市が地場産業と協力下水処理場でバイオガス生産 | トップページ | 協和発酵キリン 抗パーキンソン剤「KW-6002」のフェーズ3で運動機能の改善を証明 »

2012年6月29日 (金)

ファイザー 肺がん治療薬ザーコリ 無増悪生存期間(PFS)を有意に延長

ファイザー 肺がん治療薬ザーコリ
無増悪生存期間(PFS)を有意に延長

2012/06/26 ミクスonline

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ファイザーは6月21日、肺がん治療薬
ザーコリのフェーズ3試験で良好な結果が
得られたと発表した。

 前治療歴のあるALK融合遺伝子陽性
進行非小細胞肺がん患者において、
標準化学療法よりも無増悪生存期間(PFS)
を延長させたことを初めて示した結果。

 ザーコリは国内で今年5月下旬に
ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発
の非小細胞肺がんの治療薬で発売されて
いる。

 ALK融合遺伝子の有無をコンパニオン
診断薬で調べたうえで、適応となる患者を
選定し投与する。

 ファイザーが今回発表した試験
「PROFILE1007」は、前治療歴のある
ALK融合遺伝子陽性進行NSCLC患者を対象に、
ペメトレキセドまたはドセタキセルと
有効性や安全性を比較した
無作為化フェーズ3試験の結果。

 安全性に関しては、ザーコリ投与群および
化学療法投与群で認められた有害事象は、
これまでの試験で認められたものと同様
だったとしている。

 症例数や改善された期間など、具体的な
数値を含む詳細な試験結果は、
今後関連学会で発表する予定という。

 ザーコリについては、米FDAで迅速承認を
受けたが、取得した適応は奏効率に
もとづくもの。
 患者報告アウトカムの改善や生存期間の
延長を示すデータはいまのところない。
---------------------------------------

ご参考です。
分子標的薬ですね。

|

« 神戸市が地場産業と協力下水処理場でバイオガス生産 | トップページ | 協和発酵キリン 抗パーキンソン剤「KW-6002」のフェーズ3で運動機能の改善を証明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55076890

この記事へのトラックバック一覧です: ファイザー 肺がん治療薬ザーコリ 無増悪生存期間(PFS)を有意に延長:

« 神戸市が地場産業と協力下水処理場でバイオガス生産 | トップページ | 協和発酵キリン 抗パーキンソン剤「KW-6002」のフェーズ3で運動機能の改善を証明 »