« 6時間以内に施行したtPA療法は80歳以上の脳梗塞患者の予後を改善するか? -IST-3 study- | トップページ | 神経の難病治療に効果のある物質 »

2012年6月 2日 (土)

My Stroke of Insight ―奇跡の脳―

My Stroke of Insight ―奇跡の脳―
2012年05月12日
Blog Neurology
興味を持った「神経内科」論文

詳細は、リンクを参照して下さい。
紹介です。

私にとってはすごく興味深い話でした。
本を買って見て見たいと思う。

>この本で一番考えさせられたのは,
>脳卒中患者さんへの接し方は
>どうあるべきか,ということだ.

著者のことばです。
>「私のような状態の人間との
>コミュニケーションの方法を,
>お医者さんたちが知らなかったのは
>悲しいことでした.
>気持ちが通じない専門家たちには,
>エネルギーを吸い取られるだけ.
>だから私は,そういった連中の要求を
>無視して自分自身を守ることにしました」

考えさせられます。

|

« 6時間以内に施行したtPA療法は80歳以上の脳梗塞患者の予後を改善するか? -IST-3 study- | トップページ | 神経の難病治療に効果のある物質 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

 久しぶりにお便りします。今朝の7時のNHKラジオニュースで名古屋大学の祖父江元教授らの研究が発表されました。マイクロRNAに関する研究です。もともとは、ガンの治療に開発されたらしいのですが異常タンパクを除去する働きかあり、神経難病の治療に応用しラットでの実験に初めて成功したとのことです。久しぶりのグッドニュースになるのでしょうか?haredasuさん教えてください。

投稿: オリバー | 2012年6月 4日 (月) 08時33分

オリバーさん情報ありがとうございます。

久しぶりのグッドニュースですね。
いろいろニュースは見ているつもりですが、知りませんでした。
このニュースですね。→ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015576771000.html

「マイクロRNA」によるタンパク質合成阻害の仕組みを解明:理化学研究所
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2007/070801/index.html

という発表があります。「マイクロRNA」はタンパク質の合成を阻害する仕組みを持っているようです。
なので有害な蛋白の合成を阻害できれば治療につながるはずです。
まだ具体的に神経難病で効果が確認されたという話は聞かないので素晴らしい成果ではないでしょうか?

投稿: haredasu | 2012年6月 4日 (月) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54856791

この記事へのトラックバック一覧です: My Stroke of Insight ―奇跡の脳―:

« 6時間以内に施行したtPA療法は80歳以上の脳梗塞患者の予後を改善するか? -IST-3 study- | トップページ | 神経の難病治療に効果のある物質 »