« ファイザー 肺がん治療薬ザーコリ 無増悪生存期間(PFS)を有意に延長 | トップページ | 南鳥島近くにレアアース鉱床、年消費の220倍 »

2012年6月29日 (金)

協和発酵キリン 抗パーキンソン剤「KW-6002」のフェーズ3で運動機能の改善を証明

協和発酵キリン
抗パーキンソン剤「KW-6002」のフェーズ3
で運動機能の改善を証明

2012/06/21 ミクスonline

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 協和発酵キリンは6月19日、国内で
今年3月にパーキンソン病の適応症で
承認申請した「KW-6002」
(一般名:イストラデフィリン)の
フェーズ3試験の結果が、
国際パーキンソン病・運動障害疾患学会
(ダブリンで開催)で報告されたと発表
した。

 運動合併症を併発したパーキンソン病で
ウェアリング・オフ(症状の日内変動や
不随意運動)を軽減し、運動機能を改善
することが証明されたとしている。

 同剤はパーキンソン病治療薬としては
アデノシンA2A受容体という新規の
作用機序をもつ化合物。
 同社では13年頃の上市を期待している。
---------------------------------------

ご参考です。

|

« ファイザー 肺がん治療薬ザーコリ 無増悪生存期間(PFS)を有意に延長 | トップページ | 南鳥島近くにレアアース鉱床、年消費の220倍 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/55076942

この記事へのトラックバック一覧です: 協和発酵キリン 抗パーキンソン剤「KW-6002」のフェーズ3で運動機能の改善を証明:

« ファイザー 肺がん治療薬ザーコリ 無増悪生存期間(PFS)を有意に延長 | トップページ | 南鳥島近くにレアアース鉱床、年消費の220倍 »