« 自己免疫疾患を引き起こす T 細胞の過剰な活性化を調節する 新たなメカニズムを解明 | トップページ | 脳にやさしく脳の中の神経の活動を知る技術 »

2012年5月25日 (金)

多発性骨髄腫を対象としたガンマ・デルタT細胞療法の多施設共同臨床試験を開始

多発性骨髄腫を対象とした
ガンマ・デルタT細胞療法の多施設共同
臨床試験を開始

2012年5月22日 47news

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 株式会社メディネット
(以下「メディネット」)は、
多発性骨髄腫 を対象とした
ガンマ・デルタT細胞療法
(以下、「γδT細胞療法」)の有効性評価
を目的に、日本赤十字社医療センター
(以下「日赤医療センター」)、
順天堂大学医学部附属 順天堂医院
(以下「順天堂大学」)、
医療法人社団滉志会 瀬田クリニック
グループ
(以下、「瀬田クリニックグループ」)
と共同で臨床試験を開始しました。

 2005年より、メディネットは、既存治療
とは異なる作用機序により根治を目指す
治療法の開発を目指し、日赤医療センター
と瀬田クリニックグループと共同で、
多発性骨髄腫を対象としたγδT細胞療法
の自主臨床研究 を実施し、6例中4例で
免疫グロブリン(Mタンパク) の減少
または安定化を認めるなど、
γδT細胞療法の安全性を既に確認して
おり、新たな治療法になりうると期待
しています。

 その研究結果を踏まえ、本多施設共同
臨床試験では、骨髄腫細胞を根治する
治療法の開発をさらに進めるべく、
くすぶり型 や化学療法などで有効な結果
が得られた多発性骨髄腫を対象に、
γδT細胞療法の有効性を評価します。

 本多施設共同臨床試験は、
日赤医療センター血液内科 部長
鈴木 憲史医師および順天堂大学血液内科
主任教授 小松 則夫医師を研究責任医師
として実施されます。

 共同臨床試験組織内では、
瀬田クリニックグループが、免疫細胞の
加工および免疫学的検査などを担い、
メディネットが、免疫細胞の加工に係る
基礎データの提供、免疫学的検査支援
などを行います。
 また、本多施設共同臨床試験は、
早期エビデンス構築に向けて、適切に
臨床統計の専門家のアドバイスを受け
ながら開発を進めてまいります。
---------------------------------------

臨床試験までたどり着くのは大変です。
良好な結果が出ると良いですね。

医療系のベンチャー企業は
(今回はメディネット)どこも利益が
出せず大変なようです。
その意味でも良い結果を期待したい。

|

« 自己免疫疾患を引き起こす T 細胞の過剰な活性化を調節する 新たなメカニズムを解明 | トップページ | 脳にやさしく脳の中の神経の活動を知る技術 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54794609

この記事へのトラックバック一覧です: 多発性骨髄腫を対象としたガンマ・デルタT細胞療法の多施設共同臨床試験を開始:

« 自己免疫疾患を引き起こす T 細胞の過剰な活性化を調節する 新たなメカニズムを解明 | トップページ | 脳にやさしく脳の中の神経の活動を知る技術 »