« 早大、脳内に体内時計の中枢がある事を生きたマウスで証明 | トップページ | 室温で半導体ゲルマニウムに電子スピン情報を入力 »

2012年5月17日 (木)

癌の転移の分子メカニズム解明に貢献

癌の転移の分子メカニズム解明に貢献
~癌の肺転移に介在し鍵となる RAGE
タンパク質と GAG 糖鎖の相互作用を
初めて証明

2012/5/14 北海道大学プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 癌細胞の肺への転移は,癌細胞表面の
硫酸化グリコサミノグリカン(GAG)多糖鎖
が,肺に特に強く発現されている
Receptor for Advanced Glycation
End-products(RAGE)と呼ばれる
タンパク質に結合することで
引き起こされることが明らかに
なりました。

 GAG 多糖鎖や抗 GAG 抗体だけでなく,
尾静脈から予め投与した抗 RAGE 抗体に
よっても,癌の肺転移は強く阻害され
ました。

 今回の研究成果で癌の転移の
分子メカニズムの大筋が明らかになった
ため,転移抑制剤の開発方針の決定が容易
になり,開発の可能性がより現実的なもの
になりました。

 なお,本研究成果は「The Journal of
Biological Chemistry」に掲載された
ほか,「nature.com」の“SciBX
(Science-Business exchange)”
ホームページ( 有 料 サ イ ト )内
にある“This week in therapeutics”でも
トピックスとして取り上げられました。
---------------------------------------

良さそうですね。

>今回の研究成果で癌の転移の
>分子メカニズムの大筋が明らかに
>なったため,転移抑制剤の開発方針の
>決定が容易になり,開発の可能性が
>より現実的なものになりました。
とのことです。期待したい。

|

« 早大、脳内に体内時計の中枢がある事を生きたマウスで証明 | トップページ | 室温で半導体ゲルマニウムに電子スピン情報を入力 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54732473

この記事へのトラックバック一覧です: 癌の転移の分子メカニズム解明に貢献:

« 早大、脳内に体内時計の中枢がある事を生きたマウスで証明 | トップページ | 室温で半導体ゲルマニウムに電子スピン情報を入力 »