« 産総研、カーボンナノホーンを利用した遺伝子発現制御技術を開発 | トップページ | 難病と診断された時、知っておくべき事:復習 »

2012年5月 4日 (金)

日本ガイシ、LEDの発光効率を2倍に高められるGaNウェハを開発

日本ガイシ、LEDの発光効率を2倍に
高められるGaNウェハを開発

2012/04/26 マイナビニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本ガイシは4月25日、LEDの発光効率を
2倍に高められるGaNウェハを開発したと
発表した。

 開発品は、独自の単結晶育成技術である
液相成長法を用いており、ウェハ全面に
わたり低欠陥密度と無色透明の両立を実現
した。

 さらに、同ウェハ上にLED素子を作製し、
発光性能試験を実施した結果、
内部量子効率を約90%(注入電流200mA時)
まで高めることに成功したという。

 これにより、市販されるLED光源の2倍の
発光効率(200lm/W)を実現でき、消費電力
の50%削減や発熱の抑制による長寿命化、
照明器具の小型化が可能となる。
---------------------------------------

素晴らしい。

2倍と簡単に言うけれど、なかなかの
ものです。

日本ガイシはセラミックス製品とNAS電池
が有名ですが、LED素子とは以外ですね。

|

« 産総研、カーボンナノホーンを利用した遺伝子発現制御技術を開発 | トップページ | 難病と診断された時、知っておくべき事:復習 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54627181

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ガイシ、LEDの発光効率を2倍に高められるGaNウェハを開発:

« 産総研、カーボンナノホーンを利用した遺伝子発現制御技術を開発 | トップページ | 難病と診断された時、知っておくべき事:復習 »