« 重度運動障害起こす神経難病 京大教授ら原因遺伝子を発見 | トップページ | (1)太陽表面の大爆発「スーパーフレア」が地球を襲う!? »

2012年5月20日 (日)

欧州でDNAメチル化診断薬の実用化が迫る

欧州でDNAメチル化診断薬の実用化が迫る
Wed, 9 May 2012
個の医療メール Vol.431より

---------------------------------------
 近く欧米でエピジェネティックスの変化
(DNAメチル化)を目安にした診断薬の
実用化が迫っていることです。

 ドイツEpigenomics社が2011年12月に
欧州医薬庁に大腸がんの診断薬
「Epi proColon」の製造認可申請を
いたしました。

 また、米国食品医薬品局に2012年後半
に申請する計画です。
 この4月から、FDAの要請に基づき、大腸
内視鏡検査との比較臨床試験を開始した
ところです。

 Epi proColonは世界初のDNAメチル化
診断薬となることがほぼ確実です。

 患者さんの血中を循環している大腸がん
由来のDNAを分析します。

 同社が注目したのが、Septin9遺伝子の
メチル化です。
 この遺伝子は細胞の運動能に関連します
が、大腸がんでメチル化が進んでいること
が判明しています。

 血中に零れ落ちて流れているDNA
(Circulationg DNA)は、Epi proColon
の例を引くまでもなく、体内の細胞変性の
状況を掴む重要な手がかりとなることが
証明されたことは重要です。

 血液から全身の細胞の代謝状態を
エピジェネティックスの変化を手がかり
に、推定することも可能かも知れません。

 個の医療に関しても、
エピジェネティクス・バイオマーカーの
重要性を見逃してはならなくなって参り
ました。
---------------------------------------

エピジェネティクス重要な位置を占める
ようになりそうです。
DNAメチル化がキーなんですね。

関連リンク紹介しておきます。
分子診断・個別化医療開発グループ
エピゲノム解析分野

国立がん研究センター

|

« 重度運動障害起こす神経難病 京大教授ら原因遺伝子を発見 | トップページ | (1)太陽表面の大爆発「スーパーフレア」が地球を襲う!? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54756211

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州でDNAメチル化診断薬の実用化が迫る:

« 重度運動障害起こす神経難病 京大教授ら原因遺伝子を発見 | トップページ | (1)太陽表面の大爆発「スーパーフレア」が地球を襲う!? »