« 多発性硬化症、血液検査で治療薬ピッタリ…阪大 | トップページ | まもなく離陸、新しい交通システム 「ホンダジェット」の全貌(1) »

2012年5月 8日 (火)

協和発酵キリングループ ATL治療薬ポテリジオのコンパニオン診断薬を新発売 グループ初

協和発酵キリングループ
ATL治療薬ポテリジオのコンパニオン診断薬
を新発売 グループ初

2012/05/08 ミクスonline

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 協和発酵キリンは5月7日、再発・
難治性のCCR4陽性の成人T細胞白血病
リンパ腫(ATL)治療薬ポテリジオ点滴
静注(一般名:モガムリズマブ遺伝子
組換え)のコンパニオン診断薬となる
「ポテリジオテストIHC」「同テストFCM」
を、同社100%子会社の協和メデックスが
同日から新発売したと発表した。

 協和発酵キリングループとして、
治療薬と、そのコンパニオン診断薬を
手掛けるのは今回が初めてとなる。

 なお、ポテリジオ点滴静注は
3月30日に製造販売承認を取得しており、
現在、薬価収載手続きの段階にある。

 治療薬とコンパニオン診断薬を
組み合わせて使用することで、適切な
患者に、適切な治療を提供する個別化医療
に貢献できるとされている。

 ポテリジオ点滴静注は、ATL細胞表面に
存在するCCR4に結合し、ATL細胞を傷害
して効果を発揮するもので、CCR4が発現
している患者が適用となる。

 そのCCR4タンパクが発現しているか
否かを今回発売された診断薬で検査し、
投薬可能か否かを判断する。

 ポテリジオテストIHCは、ATL患者の
リンパ節や皮膚など組織を検体とした場合
に使用する。

 ポテリジオテストFCMは、ATL患者の
血液を検体とした場合に使用する。

 既に保険適用されることが決まって
おり、点数は1万点。
---------------------------------------

日本でもやっと個の医療がスタートします。

我が国で初めて患者鑑別の診断薬と新薬の
同時認可となったものだそうです。

抗CCR4抗体「ポテリジシオ」と
その適応識別のための診断薬です。

|

« 多発性硬化症、血液検査で治療薬ピッタリ…阪大 | トップページ | まもなく離陸、新しい交通システム 「ホンダジェット」の全貌(1) »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54663574

この記事へのトラックバック一覧です: 協和発酵キリングループ ATL治療薬ポテリジオのコンパニオン診断薬を新発売 グループ初:

« 多発性硬化症、血液検査で治療薬ピッタリ…阪大 | トップページ | まもなく離陸、新しい交通システム 「ホンダジェット」の全貌(1) »