« 太陽電池/燃料電池/蓄電池を組み合わせたスマートハウス、仙台にオープン | トップページ | がん:修復経路の乗っ取りによるがん細胞の生き残り »

2012年5月10日 (木)

脳の層形成に必須の遺伝子を発見- 基礎生物学研究所

脳の層形成に必須の遺伝子を発見
- 基礎生物学研究所

2012年05月09日 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 脳神経系に発現する「APC2遺伝子」
という分子が、脳の層形成に必須の役割を
果たしていることを、基礎生物学研究所・
統合神経生物学研究部門の野田昌晴教授と
新谷隆史准教授らの研究グループが、
マウスを使った実験で突き止めた。

 細胞外の情報を細胞内の細胞骨格に
正しく伝えて、神経細胞の移動を制御して
いると考えられ、こうしたメカニズムに
必須の分子が明らかになったのは初めて
という。

 APC2を働かなくしたマウスは、運動機能
の異常や、てんかん発作などの症状を
示しており、ヒトがこうした疾患を発症
する仕組みの解明や、その治療法の開発に
つながる可能性がある。

 研究成果は9日、米神経科学専門誌
「Journal of Neuroscience」に掲載
された。

 脳は、神経管の内側で細胞分裂により
誕生した未分化の神経細胞が、外側に
向かって移動して正しい位置で止まること
により形成される。

 移動中の神経細胞は、細胞外に分布する
細胞移動を誘引する因子や、反発させる
因子に応答して、正しい経路を選択する
ことで、正しい位置に到達すると考え
られている。
---------------------------------------

>こうしたメカニズムに必須の分子が
>明らかになったのは初めて
とのことです。

>APC2を働かなくしたマウスは、
>運動機能の異常や、てんかん発作などの
>症状を示しており、ヒトがこうした疾患
>を発症する仕組みの解明や、その治療法
>の開発につながる可能性がある。
期待したい。

本当に人の、というより生物の仕組みは
複雑ですね。

基礎生物学研究所プレスリリース
へのリンクです。

|

« 太陽電池/燃料電池/蓄電池を組み合わせたスマートハウス、仙台にオープン | トップページ | がん:修復経路の乗っ取りによるがん細胞の生き残り »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54677150

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の層形成に必須の遺伝子を発見- 基礎生物学研究所:

« 太陽電池/燃料電池/蓄電池を組み合わせたスマートハウス、仙台にオープン | トップページ | がん:修復経路の乗っ取りによるがん細胞の生き残り »