« 世界に発信するガラスコーティングの 省エネ技術 | トップページ | ありふれたセラミックスが大量の水素を取り込んだ!-革新的水素材料への期待- »

2012年4月26日 (木)

筑波大など、有機太陽電池の知られていなかった電荷生成プロセスを解明

筑波大など、有機太陽電池の知られて
いなかった電荷生成プロセスを解明

2012/04/16 マイナビニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

バルクヘテロジャンクション型有機太陽電池
に関するもののようです。

>今回の結果は、バルクヘテロ
>ジャンクション型有機太陽電池では、
>ドナー高分子だけでなくアクセプター
>分子でも高効率に電荷を生成できること
>が明らかとなった。
>これにより、アクセプター分子には
>紫外領域から近赤外領域で光電変換を
>させるといった、新奇なタイプの
>太陽電池の設計が可能になることから、
>今後、研究グループでは、電荷生成
>プロセスの観点から有機太陽電池の
>効率・劣化機構を解明することで、
>高効率有機太陽電池の開発を目指して
>いきたいとしている。
とのことです。
期待したい。

関連記事へのリンクもあります。
興味のある方はどうぞ、

|

« 世界に発信するガラスコーティングの 省エネ技術 | トップページ | ありふれたセラミックスが大量の水素を取り込んだ!-革新的水素材料への期待- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54563158

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波大など、有機太陽電池の知られていなかった電荷生成プロセスを解明:

« 世界に発信するガラスコーティングの 省エネ技術 | トップページ | ありふれたセラミックスが大量の水素を取り込んだ!-革新的水素材料への期待- »