« 放射線治療後のがんの再発メカニズムの解明 | トップページ | 核酸の産生は昼夜で大きく異なり、その時間は肝臓の時計遺伝子により決められている »

2012年4月18日 (水)

発毛:幹細胞移植で何度でも生える…マウスで実験成功

発毛:幹細胞移植で何度でも生える
…マウスで実験成功

毎日新聞 2012年04月18日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 毛を生みだす器官の幹細胞を培養して
皮膚に移植し、同じ太さや硬さの毛を
何度も生え変わらせることに、東京理科大
などのチームがマウスの実験で成功した。

 18日の英科学誌ネイチャー・
コミュニケーションズ電子版に発表した。

 毛は皮膚に無数にある
「毛包(もうほう)」という器官で作られ、
体表まで伸びる。
 毛が抜けても毛包があれば、同じ場所
から生える。

 辻孝・東京理科大教授(再生医工学)
らのチームは、大人のマウスから毛包の
幹細胞を採取して培養し、生まれつき
体毛のないマウスの背中に移植した。

 その結果、7割のマウスに3週間後に
毛が生え、元のマウスと同様に3?5ミリ
まで伸びた。
 毛の硬さや縮れなどの特徴も同じ
だった。
 自然の毛のように、周期的に生え
変わった。

 移植する幹細胞の数を増減させること
で、発毛の密度や本数を変えた。
 色素に関わる幹細胞を加えて培養し、
白い毛を黒や茶にすることもできた。
---------------------------------------

画期的ですね。

うまく行けば、命に関わるわけではない
けれど、影響は大きい。

いままで出来なかったのは、毛を生みだす
器官の幹細胞培養が難しかったからだと
いうことでしょうか?

発毛研究は随分行われてきたはずなのに、

|

« 放射線治療後のがんの再発メカニズムの解明 | トップページ | 核酸の産生は昼夜で大きく異なり、その時間は肝臓の時計遺伝子により決められている »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54501486

この記事へのトラックバック一覧です: 発毛:幹細胞移植で何度でも生える…マウスで実験成功:

« 放射線治療後のがんの再発メカニズムの解明 | トップページ | 核酸の産生は昼夜で大きく異なり、その時間は肝臓の時計遺伝子により決められている »