« 異常なmRNAの分解を促進する新しい品質管理機構を発見 | トップページ | 発毛:幹細胞移植で何度でも生える…マウスで実験成功 »

2012年4月18日 (水)

放射線治療後のがんの再発メカニズムの解明

放射線治療後のがんの
再発メカニズムの解明

2012年4月18日 京都大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 原田浩 学際融合教育推進センター生命
科学系キャリアパス形成ユニット 放射線
腫瘍生物学グループリーダー・講師らの
研究グループは、悪性がんの内部に局在
する一部のがん細胞(腫瘍血管から100μm
程度の距離に潜む低酸素がん細胞)が
放射線治療を生き延び、HIF-1という遺伝子
の働きによって腫瘍血管に向かって移動し、
最終的にがんの再発を引き起こすという
メカニズムを解明しました。

 また、HIF-1依存的な細胞の移動を抑制
することで放射線治療後のがんの再発を
防げることを見出しました。

 この研究成果は、科学誌
「Nature Communications」で発表
されました。
---------------------------------------

Good Newsです。
これで、放射線治療後のがんの再発が
防げると良いですね。
一歩前進です。

がんの再発、無いと良いのに、

|

« 異常なmRNAの分解を促進する新しい品質管理機構を発見 | トップページ | 発毛:幹細胞移植で何度でも生える…マウスで実験成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54501405

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線治療後のがんの再発メカニズムの解明:

« 異常なmRNAの分解を促進する新しい品質管理機構を発見 | トップページ | 発毛:幹細胞移植で何度でも生える…マウスで実験成功 »