« 「割れない」「壊れない」高強度鋼板の溶接技術を開発 | トップページ | 卵の膜で太陽電池30倍長持ち…高専生が成果 »

2012年4月10日 (火)

「ベロ毒素」無害化する化合物、同志社大が開発

「ベロ毒素」無害化する化合物、
同志社大が開発

2012年4月9日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 O157などの腸管出血性大腸菌から
放出され、重い食中毒の原因となる
「ベロ毒素」を無害化する化合物を、
同志社大生命医科学部の西川喜代孝教授
らの研究グループが開発した。

 投与が早いほど有効で、重症化を防ぐ
薬剤開発への応用が期待される。

 ベロ毒素は、血管の細胞に侵入して死滅
させるため、毛細血管の多い腎臓や脳に
ダメージを与える。
 溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症
などに進行すると、死亡する場合もある。

 グループは20種類のアミノ酸を様々に
組み合わせ、毒性の強い2型のベロ毒素と
最も強く結合するものを選別。
 この化合物と結合した毒素は、不要な
たんぱく質を処理する細胞内器官
「リソソーム」によって分解されることを
確認した
---------------------------------------

素晴らしいです。

O157という名前、聞き飽きたと思う
ほどありふれたもの。

>重症化を防ぐ薬剤開発への応用が
>期待される。
期待したい。

関連リンクです。
腸管出血性大腸菌感染症(O157)の
予防対策について

平成19年8月8日 MICKS
かなり古い記事ですがご参考まで、

|

« 「割れない」「壊れない」高強度鋼板の溶接技術を開発 | トップページ | 卵の膜で太陽電池30倍長持ち…高専生が成果 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54438096

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベロ毒素」無害化する化合物、同志社大が開発:

« 「割れない」「壊れない」高強度鋼板の溶接技術を開発 | トップページ | 卵の膜で太陽電池30倍長持ち…高専生が成果 »