« Ruby、国際規格「ISO/IEC 30170」として承認 | トップページ | 自己免疫疾患の原因となる免疫細胞が増える新たな仕組みを発見-副作用の少ない治療法の開発に期待- »

2012年4月 3日 (火)

日本各地の太陽光発電量推定をより正確・容易に―日射量データベースをリニューアル―

日本各地の太陽光発電量推定をより
正確・容易に
―日射量データベースをリニューアル―

2012年3月30日
独立行政法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構
プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 NEDOは、ホームページで公開している
「日射量データベース(※)」を
3月30日付でリニューアルしました。

 このデータベースは、日本の800以上の
地点における任意の角度、方位での月別、
時間別の日射量を把握することができる
ものです。

(1)太陽光発電システムの設置・施工事業者
 がパネルを取り付ける場合の発電量を
 推定するためのツール、

(2)学生などが自分の住む場所や日本全体の
 日射量を学習する手段などとして広く
 活用されています。

 今回のリニューアルでは、日射量の
データを最新のものに更新したことで、
最近の気候を反映したより実態に即した
発電量を推定することができるように
なりました。
 また、より操作・利用しやすいように
表示方法を変更しました。
 さらに、これまではデータベースを
利用するためには一旦ダウンロードする
必要がありましたが、今回のリニューアル
ではWEB上でも直接容易に使えるように
なりました。

日射量データベース閲覧システムのサイト
---------------------------------------

良いですね。
自分で確認出来るのが良い。

NEDOが開発に関わっている太陽電池関連
へのリンクもあります。

興味のある方は見てみるのも面白いかも?
今こんなことをしているんだ!
ということがわかる。

|

« Ruby、国際規格「ISO/IEC 30170」として承認 | トップページ | 自己免疫疾患の原因となる免疫細胞が増える新たな仕組みを発見-副作用の少ない治療法の開発に期待- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54378902

この記事へのトラックバック一覧です: 日本各地の太陽光発電量推定をより正確・容易に―日射量データベースをリニューアル―:

« Ruby、国際規格「ISO/IEC 30170」として承認 | トップページ | 自己免疫疾患の原因となる免疫細胞が増える新たな仕組みを発見-副作用の少ない治療法の開発に期待- »