« 「レーザー核融合」、毎秒1回の100連続反応に成功 | トップページ | 来年、初のiPS細胞治療 9月にも臨床研究申請 »

2012年4月16日 (月)

レアメタルを効率採取、海底の噴出熱水から

レアメタルを効率採取、海底の噴出熱水から
2012年4月10日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 海洋研究開発機構は、沖縄近海で水深
約1000メートルの海底に人工的に穴を
掘って熱水を噴出させ、工業原料として
重要なレアメタルや貴金属を効率的に回収
する実地試験に成功した。

 レアメタルの主要産出国である中国が
戦略物資として鉱物資源の輸出管理を強化
する中、日本周辺の海底鉱床の開発に役立
つ成果として期待される。

 同機構の高井研・上席研究員らは
2010年秋、地球深部探査船「ちきゅう」
を使って、有望な鉱床が見込まれる海底の
4か所をドリルで掘削。

 噴出した熱水に含まれる鉱物が、海水で
冷やされてできる煙突状の構造物
(チムニー)の成長の速さや含有成分など
を調べた。

 約10か月でチムニーは最大で高さ
11メートルまで成長し、太陽電池の材料
に利用されるテルルやビスマスのほか、金、
銀などを豊富に含んでいた。

 高井さんは「『熱水噴出孔』を人工的に
掘り、船上からチムニーを回収する今回の
技術を組み合わせれば、これまで開発が
困難だった鉱床も資源化できるはずだ」
と話している。
---------------------------------------

Good Newsですね。
うまく行くと良いな。

資源の無い国ですから、地熱もそうですが、
うまく利用できると素晴らしい。
あと、メタンハイドレート期待してます。

|

« 「レーザー核融合」、毎秒1回の100連続反応に成功 | トップページ | 来年、初のiPS細胞治療 9月にも臨床研究申請 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54485878

この記事へのトラックバック一覧です: レアメタルを効率採取、海底の噴出熱水から:

« 「レーザー核融合」、毎秒1回の100連続反応に成功 | トップページ | 来年、初のiPS細胞治療 9月にも臨床研究申請 »