« 大飯原発の再稼働「妥当」=安全宣言、電力不足も考慮―経産相、14日に福井訪問 | トップページ | ドイツの放送局が問う「フクシマの嘘」とは 元凶に触れず再稼働する野田政権の愚行 »

2012年4月14日 (土)

マウスに対するインフルエンザワクチンの経皮投与で高い防御効果

マウスに対するインフルエンザワクチン
の経皮投与で高い防御効果

2012年04月13日 Nature Japan

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 抗原が塗布されたマイクロニードルパッチ
(微細針つきパッチ)を皮膚に貼りつける
ことが従来よりも効果的なインフルエンザ
ワクチンの投与方法となりうることを示唆
する研究結果が得られた。

 このマイクロニードルパッチによる
投与方法は、マウスの免疫応答を向上させ、
防御免疫の持続期間を長期化させることが
わかったのだ。

 ただし、ヒトでも同じ結果が得られる
ことを断定するには、さらなる研究が必要
となる。

 今回の研究成果を報告する論文が、
Scientific Reportsに掲載される。

 現行のインフルエンザワクチンの多く
は、肩の三角筋に目がけて投与されるが、
大規模な抗原提示細胞のネットワークを
含む皮膚の方が有望な投与標的かも
しれない。

 この抗原提示細胞が、T細胞とB細胞を
活性化させて適応免疫応答の誘導を助ける
からだ。

 また、これまでの研究では、
マイクロニードルパッチを用いた
不活化インフルエンザワクチンの経皮投与
によって免疫応答が向上する場合のある
ことが明らかになっていた。

 今回、I Skountzou、D Koutsonanosたち
は、マイクロニードルパッチを用いて、
認可されたインフルエンザサブユニット
ワクチンをマウスに単回投与し、従来の
筋肉内投与法と比べて、インフルエンザ
ウイルス感染に対する防御作用が向上し、
より長く持続することを明らかにした。

 この結果は、現在認可されている
ワクチンをマイクロニードルパッチで投与
できる可能性を示唆しており、今後の
臨床試験で裏づけが得られれば、
最終的には、ワクチン接種率の増加と
ワクチン防御の向上にも役立つことが
期待される。
---------------------------------------

基本的な話ですね。
研究の進展に期待します。

|

« 大飯原発の再稼働「妥当」=安全宣言、電力不足も考慮―経産相、14日に福井訪問 | トップページ | ドイツの放送局が問う「フクシマの嘘」とは 元凶に触れず再稼働する野田政権の愚行 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54469140

この記事へのトラックバック一覧です: マウスに対するインフルエンザワクチンの経皮投与で高い防御効果:

« 大飯原発の再稼働「妥当」=安全宣言、電力不足も考慮―経産相、14日に福井訪問 | トップページ | ドイツの放送局が問う「フクシマの嘘」とは 元凶に触れず再稼働する野田政権の愚行 »