« 白血球の炎症反応をブロックできる化合物を発見 | トップページ | ナノ微粒子大人より乳幼児の肺に沈着 米大が実験 »

2012年4月23日 (月)

楕円ボアを採用した超電導MRI装置

楕円ボアを採用した超電導MRI装置
19 APRIL 2012 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 日立メディコは静磁場強度1.5テスラの
超電導MRI装置「ECHELON OVAL」
(エシェロン オーバル)を日本と海外に
向けて発売しました。

 幅74cmの楕円ボアを採用することで
検査空間を従来nの製品から約40%拡張する
ことに成功しました。
 また、検査空間を横方向に拡張した結果、
これまで磁場中心での撮像が困難であった
肩などのオフセンター部位も寝台上で
被検者の体を横に移動させることが可能に
なり、最も高画質が得られる磁場中心での
撮像が可能となりました。
---------------------------------------

なかなか良さそうです。

1.5テスラですから、標準的な磁場強度
のものと考えて良いのかな?

閉所が苦手な私としては、良いと思う。

以前、
閉塞感のないMRIを開発
2008年9月 8日
という記事を投稿しました。

3年以上経ちましたが、オープン型が
あまり普及しないところを見ると
一長一短があるんでしょうね?

性能的にかなり劣るということが
なければ、私などはオープン型が
最も望ましいのですが、

コストパフォーマンスで劣るのかな?

|

« 白血球の炎症反応をブロックできる化合物を発見 | トップページ | ナノ微粒子大人より乳幼児の肺に沈着 米大が実験 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54542679

この記事へのトラックバック一覧です: 楕円ボアを採用した超電導MRI装置:

« 白血球の炎症反応をブロックできる化合物を発見 | トップページ | ナノ微粒子大人より乳幼児の肺に沈着 米大が実験 »