« 自分がリストラされた町工場の社長 諏訪貴子さん | トップページ | iPhoneの内蔵カメラに付けるだけで3次元入力を可能にするゴム状デバイス »

2012年3月31日 (土)

「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化に向けた実証試験について

「超広角コンプトンカメラ」による
放射性物質の可視化に向けた実証試験
について

平成24年3月29日
宇宙航空研究開発機構
日本原子力研究開発機構
東京電力株式会社

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
次期X線天文衛星ASTRO-Hに搭載予定の
ガンマ線観測センサの技術を応用し、
ガンマ線を放出する放射性物質の分布を
可視化する新しい装置「超広角コンプトン
カメラ」を試作しました。

 この装置は、広い視野(ほぼ180度)と
核種に固有なガンマ線を識別する能力を
生かして、敷地や家屋に広く分布した
セシウム137(Cs-137)やセシウム134
(Cs-134)について画像化できること
から、サーベイメーター等を用いた人力
による従来の調査では困難であった、
屋根などの高所に集積する放射性物質も
画像化することが期待されます。
添付資料1)(0.6MB)

 本年2月11日、JAXAと日本原子力研究開発
機構(JAEA)並びに東京電力株式会社は、
計画的避難区域に指定されている福島県
飯館村草野地区において
「超広角コンプトンカメラ」を用いた
線量測定及び撮像試験による実証試験を
実施しました。

 撮像試験の結果、従来のガンマカメラ
に比べ格段に広い視野での放射性セシウム
の分布の高精度画像化に成功しました。
添付資料2)(1MB)

 今後、JAXAとJAEAは、東京電力株式会社
の協力のもと「超広角コンプトンカメラ」
を用いた放射性物質の除染作業等
について、実用化に向けた検討を進め
ます。
---------------------------------------

>従来のガンマカメラに比べ格段に
>広い視野での放射性セシウムの分布
>の高精度画像化に成功しました。
とのことで、良いですね。

可視化出来るというのは素晴らしい。
とにかく見えないというのは不安です。

ガンマ線というのは電磁波なので
核種に固有なものとは思っていません
でした。
核種毎に、ガンマ線のエネルギー分布が
違うらしい。

関連論文です。
修士論文
Si/CdTe 半導体コンプトンカメラ試作機
の開発と性能評価

|

« 自分がリストラされた町工場の社長 諏訪貴子さん | トップページ | iPhoneの内蔵カメラに付けるだけで3次元入力を可能にするゴム状デバイス »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54354015

この記事へのトラックバック一覧です: 「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化に向けた実証試験について:

« 自分がリストラされた町工場の社長 諏訪貴子さん | トップページ | iPhoneの内蔵カメラに付けるだけで3次元入力を可能にするゴム状デバイス »