« 尿2.5トン 執念で宝物に 透析患者救うEPO | トップページ | 心筋梗塞「注意報」出せるかも 米チーム、血液検査で »

2012年3月22日 (木)

二酸化炭素とギ酸を相互変換するエネルギー効率の高い触媒を開発

二酸化炭素とギ酸を相互変換する
エネルギー効率の高い触媒を開発

2012年3月19日 産総研プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口 有】(以下「産総研」
という)エネルギー技術研究部門
【研究部門長 長谷川 裕夫】
太陽光エネルギー変換グループ 
姫田 雄一郎 主任研究員らは、
アメリカ合衆国 ブルックヘブン国立研究所
(以下「BNL」という)藤田 恵津子
シニアケミストらと共同で、常温常圧の
水中で水素ガスを二酸化炭素(CO2)と
反応させてギ酸(HCO2H)を生成する
とともに、ギ酸を分解して固体高分子形
燃料電池などに適した一酸化炭素(CO)を
含まない高圧水素を供給できる高効率
二酸化炭素/ギ酸の相互変換触媒を開発
した。

 今回開発した技術は、日米クリーン・
エネルギー技術協力に基づく産総研と
BNLの共同研究による、触媒と水素分子を
活性化する新たな配位子の設計指針を
見出して実現したものである。

 今回開発した技術は、二酸化炭素と
ギ酸の相互変換反応のエネルギー効率を
大幅に向上できる触媒技術であり、
将来の二酸化炭素を利用した大規模な
水素貯蔵システムの開発が期待できる。

 この研究成果は、2012年3月19日
(日本時間)に英国科学誌
Nature Chemistry電子版に掲載される。
---------------------------------------

>この触媒を用いることで、エネルギーを
>消費する高温高圧条件ではなく、
>常温常圧でも水素をギ酸に変換できる
>ことになった。
と言うのがみそですね。

水素は燃焼すると水になりますので、
「究極のクリーンエネルギー」だと
言われていますが、そのままでは、
爆発しやすく、貯蔵、運搬に問題が
ありました。

今回の触媒はその課題を解決するものに
なるかも知れません。
期待したい。

ギ酸の状態であれば、爆発の危険もないので
運搬も保管も容易です。
使用する直前に元の水素に戻せば良い。

|

« 尿2.5トン 執念で宝物に 透析患者救うEPO | トップページ | 心筋梗塞「注意報」出せるかも 米チーム、血液検査で »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54282427

この記事へのトラックバック一覧です: 二酸化炭素とギ酸を相互変換するエネルギー効率の高い触媒を開発:

« 尿2.5トン 執念で宝物に 透析患者救うEPO | トップページ | 心筋梗塞「注意報」出せるかも 米チーム、血液検査で »