« 東電値上げ―燃料費下げる努力は? | トップページ | 物質の核生成に新たな理論を発見 »

2012年3月14日 (水)

微小立体視の脳部位特定 自然な3次元映像に期待

微小立体視の脳部位特定
自然な3次元映像に期待

2012.3.14 msn 産経ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 右目と左目に映る像のずれから奥行きを
計算し、物を立体的に見ている人間や
サルの脳内で、わずかな奥行きの違いを
認識している部位を大阪大のチームが
突き止め、14日付の米科学誌電子版に
発表した。

 立体視には、微小な奥行きを見るものと
粗い奥行きを見るものがある。

 霊長類は2メートル先の2本の針が前後
に4ミリずれても分かるほど微小奥行き視
の能力が高いが、これをつかさどる脳の
部位は不明で、映画などの3次元映像は
粗い奥行き視を中心に開発されていた。

 藤田一郎教授は「現在の3次元映像は
無理な立体視を強いており、頭痛や
目の奥の痛み、吐き気など眼精疲労の原因
だ。今回の部位の研究が進めば、より自然
な立体映像を作れるかもしれない」として
いる。
---------------------------------------

確かに、今の3D映画は無理な立体視を
強いているようです。

疲れますし、頭痛を感じる人もいる
らしい。

自然な立体視をしている時と同じような
脳の働きとなる画像を作れば良い
ということですね。

とは言いながら、難しいかも?
出来たのは良いがお金がかかりすぎる
とか?

|

« 東電値上げ―燃料費下げる努力は? | トップページ | 物質の核生成に新たな理論を発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54219298

この記事へのトラックバック一覧です: 微小立体視の脳部位特定 自然な3次元映像に期待:

« 東電値上げ―燃料費下げる努力は? | トップページ | 物質の核生成に新たな理論を発見 »