« 飲食物由来の放射性ヨウ素およびセシウムによる東京都民への曝露量と発がんリスクの推定 | トップページ | 慢性痛の原因となる神経炎症応答の増悪機構を解明-新しい鎮痛薬開発の可能性- »

2012年3月19日 (月)

ヒトiPS細胞から新規誘導法を用いて脊髄損傷治療へ応用マウス実験で回復

ヒトiPS細胞から新規誘導法を用いて
脊髄損傷治療へ応用マウス実験で回復
~安定した分化細胞選抜、腫瘍形成
見られず、再生治療のさらなる実現に
期待~

2012/03/15
奈良先端科学技術大学院大学
プレスリリース

---------------------------------------
【概要】
 ヒトiPS細胞を用いた再生治療研究は
始まったばかりであり、腫瘍形成を防ぐ
方法や、望みの細胞へ確実に誘導する方法
の開発など、その臨床応用には多くの課題
や改善点が残されている。

 奈良先端科学技術大学院大学
(学長:磯貝彰)バイオサイエンス研究科
分子神経分化制御研究室特別研究学生の
藤元祐介氏、中島欽一教授らは、
英国ケンブリッジ大学
オースティンスミス教授らと共同研究を
行い、ヒトiPS細胞から今までとは異なる
新しい方法によって誘導した
神経上皮様幹細胞(神経幹細胞の一種)
を脊髄損傷モデルマウスに移植し、
運動機能の回復を得ることに成功した。

 培養のさいに細胞を浮遊させるのでは
なく、培養皿に接着させて有効な細胞を
選抜しやすくする方法で、これにより
移植した細胞の多くは、損傷脊髄を修復
するのに有効と思われるニューロン
(神経細胞)に分化し、また腫瘍形成も
見られない。

 移植マウスでは半分以上が体重を
支えて歩けるまでに回復したのに対し、
移植なしではここまでの回復を示した
ものはいなかった。

 こうしたことから、今後の
ヒトiPS細胞を用いた再生治療の実現に
向けて重要な意義を持つと思われる。

 この成果は平成24年3月14日付け
のSTEM CELLS誌に掲載された。
---------------------------------------

素晴らしい。

ヒトiPS細胞を用いた再生治療研究
思っていたより進歩の速度が速いよう
です。

関連リンクです。
ヒトiPS細胞移植、脊髄損傷の
サル歩いた 慶応大発表

2010年12月 8日

幹細胞を用いたものもありますし、
いろいろな方法が開発されでいます。
期待がますます大きくなりますね。

|

« 飲食物由来の放射性ヨウ素およびセシウムによる東京都民への曝露量と発がんリスクの推定 | トップページ | 慢性痛の原因となる神経炎症応答の増悪機構を解明-新しい鎮痛薬開発の可能性- »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54259617

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPS細胞から新規誘導法を用いて脊髄損傷治療へ応用マウス実験で回復:

« 飲食物由来の放射性ヨウ素およびセシウムによる東京都民への曝露量と発がんリスクの推定 | トップページ | 慢性痛の原因となる神経炎症応答の増悪機構を解明-新しい鎮痛薬開発の可能性- »