« シリコン原子の振動を利用して周波数コムの観測に成功 | トップページ | 原発事故、「千年に一度」を過小評価と米学会 »

2012年3月12日 (月)

「1 個の幹細胞から、傷ついた大腸の再生に成功」

「1 個の幹細胞から、傷ついた
大腸の再生に成功」

― 新しい消化管再生医療に期待 ―
2012年03月12日
東京医科歯科大学プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京医科歯科大学大学院・消化器病態学
分野の渡辺守教授と同・消化管先端治療学
講座の中村哲也講師の研究グループは、
オランダ・Hubrecht 研究所の
Hans Clevers博士らとの共同研究で、
正常な大腸上皮細胞を体外で培養する
新技術を開発しました。

 さらに、この方法でただ1 個の幹細胞
から増やした細胞群の移植により、傷害
された大腸上皮が修復できることを
示しました。

 この研究は文部科学省科学研究費補助金
ならびに厚生労働科学研究費補助金難治性
疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害
に関する調査研究」班の支援のもとで
おこなわれたもので、その研究成果は
国際科学誌 Nature Medicine
(ネイチャー・メディスン)に、
2012 年3月12 日付オンライン版で
発表されました。
---------------------------------------

素晴らしいです。

この方法は万能ではないでしょうが、
安全性という面では有利と思われます。

最近では、
心臓発作患者の幹細胞で心筋再生、
損傷を半分に

と言うニュースもありましたね。

|

« シリコン原子の振動を利用して周波数コムの観測に成功 | トップページ | 原発事故、「千年に一度」を過小評価と米学会 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54205072

この記事へのトラックバック一覧です: 「1 個の幹細胞から、傷ついた大腸の再生に成功」:

« シリコン原子の振動を利用して周波数コムの観測に成功 | トップページ | 原発事故、「千年に一度」を過小評価と米学会 »