« SiriがiPhone 4で動作しない理由 SiriがiPhone 4で動作しない理由 SiriがiPhone 4で動作しな | トップページ | 原発5基、予測超す劣化…運転延長基準に影響も »

2012年2月11日 (土)

制御性T細胞はFoxp3発現を記憶する

制御性T細胞はFoxp3発現を記憶する
-免疫疾患の新たな治療法開発を
後押しできる成果-
平成24年2月10日 理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 細菌やウイルスから生体を守る
免疫システムにも同じようにアクセルと
ブレーキの役目をはたす細胞があります。

 免疫応答を促進するアクセル役の
「ヘルパーT細胞」と、応答を抑制する
ブレーキ役の「制御性T細胞」です。

 制御性T細胞は、自己免疫疾患や
アレルギー疾患、移植臓器への拒絶反応
などの原因とされる過剰な免疫応答を抑制
する重要な役割を担っていて、 Foxp3
という転写因子がその分化と機能を制御
すると考えられていました。

 理研の免疫研究者は2009年に
「ある環境下に置かれた制御性T細胞は、
Foxp3の発現を失って免疫応答を促進する
ヘルパーT細胞に分化する」と報告
しました。

 それまで、制御性T細胞はどんな環境下
でも安定的に存在すると考えられて
いましたから、世界の研究者間の議論を
呼ぶとともに、制御性T細胞を使った
免疫疾患治療の有効性と安全性にも疑問が
投げかけられました。

 それで、今回は、蛍光タンパク質
マーカーを用いる細胞解析法を使って
Foxp3を発現しているT細胞がどのような
細胞に分化するのか、を詳細に調べ
ました。

 その結果、Foxp3を発現しているT細胞
には制御性T細胞のほかにも“非制御性”
T細胞が少数含まれていることを発見し、
ヘルパー細胞に分化するのは制御性T細胞
ではなくFoxp3を一時的に発現する
非制御性T細胞であることを突き止め
ました。

 また、制御性T細胞の一部には
Foxp3の発現を失ってしまうものも
ありますが、Foxp3の発現を記憶しており、
活性化によって再びFoxp3と抑制活性を
発現する“潜在型”制御性T細胞である
ことが分かりました。

 また、制御性T細胞はFoxp3遺伝子の
発現制御領域をDNA脱メチル化することで
Foxp3の発現を記憶し、安定に分化した
状態を維持していることが分かりました。

 今回の成果は、制御性T細胞の安定性に
関する論争に決着をつけるとともに、
多様な免疫疾患の治療へ利用できる
制御性T細胞の作製・誘導に道を開くもの
と期待できます。

プレスリリース本文(詳細)へ

---------------------------------------

>ヘルパー細胞に分化するのは
>制御性T細胞ではなくFoxp3を一時的に
>発現する非制御性T細胞であることを
>突き止めました。
だそうです。

ようするに、
>制御性T細胞はどんな環境下でも
>安定的に存在する。
と言ってよいことになったという
ことかな?

なかなか面白い。

|

« SiriがiPhone 4で動作しない理由 SiriがiPhone 4で動作しない理由 SiriがiPhone 4で動作しな | トップページ | 原発5基、予測超す劣化…運転延長基準に影響も »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53956625

この記事へのトラックバック一覧です: 制御性T細胞はFoxp3発現を記憶する:

« SiriがiPhone 4で動作しない理由 SiriがiPhone 4で動作しない理由 SiriがiPhone 4で動作しな | トップページ | 原発5基、予測超す劣化…運転延長基準に影響も »