« 原発5基、予測超す劣化…運転延長基準に影響も | トップページ | メタンハイドレート:愛知県沖海底で掘削作業開始へ »

2012年2月12日 (日)

iPS細胞:遺伝性疾患治療に応用 京大がマウス実験成功

iPS細胞:遺伝性疾患治療に応用
京大がマウス実験成功

毎日新聞 2012年2月10日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 京都大再生医科学研究所の多田高
(たかし)准教授(幹細胞生物学)らは、
遺伝性疾患のマウスから作った
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、
遺伝異常が自然に修復された細胞だけを
選別し、正常なマウスを誕生させることに
成功した。

 再生医療を遺伝性疾患の治療に利用する
道を開く可能性がある。
 米国のオンライン科学誌に10日掲載
された。

 研究グループは、細胞が分裂する際に、
傷ついたDNAが修復する性質があること
に着目。

 多発性嚢胞腎(のうほうじん)という
遺伝性疾患と関連する遺伝子に異常を持つ
マウスからiPS細胞を作り、
それを約1万個に増えるまで培養。

 全細胞を調べたところ、うち1個の細胞
でDNA配列が正常に修復されていた。

 このiPS細胞を正常なマウスの受精卵
に注入してマウスを誕生させたところ、
腎臓は正常だった。

 異常を持つ遺伝子の修復は現在、特殊な
酵素を使ってDNAの特定部位を切断し、
正常な配列を持つものに効率的に
置き換える方法が注目されているが、
多田准教授は「人工的にDNAを操作する
試みよりも、細胞が持つ本来の修復能力を
利用した方が安全性が高いというメリット
がある」と話している。
【榊原雅晴】
---------------------------------------

そう思います。

作成効率は悪くなると思いますが、
より安全な方法をとって欲しい。

自然の仕組みはまことに巧妙。
人のやり方はかなり乱暴。

詳細はこちらをどうぞ、
マウスiPS細胞を用いた遺伝性疾患の
治療モデル
-多発性嚢胞腎(ADPKD)モデルマウスの
治療-

|

« 原発5基、予測超す劣化…運転延長基準に影響も | トップページ | メタンハイドレート:愛知県沖海底で掘削作業開始へ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53964750

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞:遺伝性疾患治療に応用 京大がマウス実験成功:

« 原発5基、予測超す劣化…運転延長基準に影響も | トップページ | メタンハイドレート:愛知県沖海底で掘削作業開始へ »