« 肺がんの原因となる新しい融合遺伝子を発見 | トップページ | 海洋生態系の理解を根本から覆す新しい光エネルギー利用機構 その直接測定に成功 »

2012年2月17日 (金)

「がんの進行を制御する仕組みを解明」

「がんの進行を制御する仕組みを解明」
2012年02月07日
東京医科歯科大学プレレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京医科歯科大学難治疾患研究所・
分子遺伝分野の吉田清嗣准教授の
研究グループは、がんの進展に鍵となる
リン酸化酵素をつきとめました。

 この研究は文部科学省科学研究費補助金
などの支援のもとで行われたもので、
その研究成果は、米国科学雑誌
The Journal of Clinical Investigation
に、2012年2月6日付オンライン版で発表
されました。

ポイント
●がんの進行を制御する新たな仕組みを
 解明しました。

●がんの進行をコントロールしている
 鍵タンパク質であるリン酸化酵素を
 発見しました。

●がんの進展や転移などの病態解明と
 新規治療法開発への応用が期待
 できます。
---------------------------------------

>この発見により、DYRK2の発現を元に戻す
>ことで、がんの進行を食い止めるような
>薬剤開発への道が開かれました。
>また、この研究をさらに発展させること
>により、がんが進展・浸潤する詳細な
>分子機構解明と、がんの転移を抑える
>新規治療法開発への応用が期待され
>ます。
期待します。

「現在では二人に一人ががんにかかり、
三人に一人ががんで亡くなるという深刻な
事態となっています。」
ということですから、大変です。

今のところ期待出来そうなのは、
標的が明確に特定できるがんであれば
分子標的薬が一番効果的なようですね。
あとは、がん免疫療法かな?

|

« 肺がんの原因となる新しい融合遺伝子を発見 | トップページ | 海洋生態系の理解を根本から覆す新しい光エネルギー利用機構 その直接測定に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54005783

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんの進行を制御する仕組みを解明」:

« 肺がんの原因となる新しい融合遺伝子を発見 | トップページ | 海洋生態系の理解を根本から覆す新しい光エネルギー利用機構 その直接測定に成功 »