« モット転移の本質が明らかに | トップページ | ドイツ:脱原発でも電力輸出超過 再生エネルギー増加で »

2012年2月21日 (火)

固体記憶媒体SSDメモリーに関する3つの革新的新技術を開発、家電の超小型化へ

固体記憶媒体SSDメモリーに関する
3つの革新的新技術を開発、家電の
超小型化へ

-寿命10倍化、世界最高速
(毎秒7ギガビット)、0.52W給電-
平成24年2月20日
科学技術振興機構(JST)
東京大学
慶應義塾大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題達成型基礎研究の一環
として、東京大学 大学院工学系研究科の
竹内 健 准教授、慶應義塾大学 理工学部
の黒田 忠広 教授と石黒 仁揮
(イシクロ ヒロキ) 准教授らの
研究チームは、非接触型の固体記憶媒体
ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)
メモリー注1)の研究開発において、
キー技術である

1)高信頼メモリーシステム、
2)ワイヤレス通信システム、
3)ワイヤレス給電システムの最先端研究
を進めてきました。

 同チームは、今回、
1)フラッシュメモリー注2)の寿命を
最大10倍(実験値)に延ばすことが
できる誤り訂正回路、

2)メモリーモジュールを回路基板に
載せるだけでプロセッサーと双方向通信
できる世界最高速
(1ピン当たり毎秒7ギガビット)の
非接触メモリーシステム、

3)最大0.52Wの電力を数マイクロ秒
の応答速度(従来比2桁高速化)で
伝送できる非接触給電システムの
3つの革新的新技術を開発しました。

 これらの研究成果である技術を統合
することにより、128ギガビット以上の
大容量ワイヤレスSSDメモリー製作が
可能となるため、データーセンターでは
従来のハードディスクからSSDメモリー
への置き換えにより処理速度の
10倍高速化、消費電力半減化が可能に
なるほか、世界市場1兆円規模の
メモリーモジュールビジネスに大きな
経済効果をもたらす可能性があります。

 同技術はまた、将来、小型バッテリー
フリーの大容量メモリーカード注3)を
実現する際にも鍵となる革新技術としても
期待されます。

 本研究成果は、2012年2月19日
から23日(米国西部時間)に
米国・サンフランシスコで開催される
「国際固体素子回路会議
(ISSCC 2012)」で発表
されます。

 本国際会議は固体素子回路分野では
世界的研究のオリンピックと称される
権威あるもので、竹内チームが論文3件
同時に採択されたことは快挙といえます。
---------------------------------------

快挙ですね。

>家電の超小型化ももちろんですが、

>データーセンターでは従来の
>ハードディスクからSSDメモリーへの
>置き換えにより処理速度の10倍高速化、
>消費電力半減化が可能になる

これはデーターセンターにとってすごく
重要なことです。省電力化が必須ですから、

データーセンターの消費電力関連投稿です。
冷却方式の工夫などで電力を3割減
NTTデータ

2010年8月31日


>世界市場1兆円規模の
>メモリーモジュールビジネスに大きな
>経済効果をもたらす可能性があります。

素晴らしい。
日本経済を引っ張ってくれると
ありがたい。

|

« モット転移の本質が明らかに | トップページ | ドイツ:脱原発でも電力輸出超過 再生エネルギー増加で »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54039639

この記事へのトラックバック一覧です: 固体記憶媒体SSDメモリーに関する3つの革新的新技術を開発、家電の超小型化へ:

« モット転移の本質が明らかに | トップページ | ドイツ:脱原発でも電力輸出超過 再生エネルギー増加で »