« カーボンナノチューブコーティングで繊維1本1本が発熱するファブリックヒーター | トップページ | 汚染土を密封、線量が大幅低下…保管技術開発 »

2012年2月25日 (土)

アカデミー科学技術賞:富士フイルムに…映画用フィルムで

アカデミー科学技術賞:富士フイルムに
…映画用フィルムで

毎日新聞 2012年2月24日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 映画保存用の高品質フィルムを開発した
富士フイルム
(本社・東京都、古森重隆社長)が、
米アカデミー賞科学技術賞を受賞した。

 授賞式は26日(日本時間27日)の
主要部門に先立って、11日(同12日)
に行われた。

 受賞対象となったのは、10年に販売を
開始した「ETERNA-RDS」。
 画質の美しさと、保存期間が500年
程度と長い点が評価された。

 最近の映画は、フィルムで撮影されても
編集段階でデジタル化され、原盤は
デジタルデータとして完成する。

 しかしデジタルは規格が多様で
長期的保存には不安が残り、保存には
安定したフィルムの方が向いている。

 このためアカデミー賞を主催する
映画芸術科学アカデミーは07年に警鐘を
鳴らし、米ハリウッドの大手映画製作会社
は、自主的に主要作品をフィルム化して
保存し始めている。
---------------------------------------

なるほど。
わかるような気がします。

デジタルデータは規格がどんどん変化する。
いつまで使えるのか?
いつまで互換性を保持できるのか不明。

デジタルデータ自身が消えてしまう可能性
もある。バックアップは必須。

|

« カーボンナノチューブコーティングで繊維1本1本が発熱するファブリックヒーター | トップページ | 汚染土を密封、線量が大幅低下…保管技術開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/54073780

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー科学技術賞:富士フイルムに…映画用フィルムで:

« カーボンナノチューブコーティングで繊維1本1本が発熱するファブリックヒーター | トップページ | 汚染土を密封、線量が大幅低下…保管技術開発 »