« 東大など、「自己熱再生理論」によるバイオエタノール製造の省エネ化を実現 | トップページ | ソフトバンク、NHK中継局約1,000か所を取得へ »

2012年2月 7日 (火)

iPS細胞の実用化に立ち込める暗雲 ? 米・カリフォルニア大学

iPS細胞の実用化に立ち込める暗雲 ?
米・カリフォルニア大学

スゴモリ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 受精卵を使わないため、倫理的に問題の
少ない幹細胞として鳴り物入りで登場した
人工多能性幹細胞(iPS細胞)であるが、
最近になって徐々に、その期待感に水を
差すような研究結果が出始めている。

 そのひとつが、カリフォルニア大学
サンディエゴ校のTongbiao Zhao氏ら
によって、Nature誌の5月13日付け速報版
(印刷版は6月9日号)に掲載された
論文だ。

 これまで、半ば常識のように語られて
いたのが、自分自身の細胞から作った
iPS細胞を自分自身に移植(自家移植)
しても免疫拒絶されないというものだ。

 元は自分自身の細胞なので、当たり前
といえば当たり前なのだが、それゆえに
誰も疑問をもたず、これまでその詳細が
検証されることはなかった。

 しかし、もしこの常識が、間違いだった
ということになれば、iPS細胞から分化
させた細胞を自家移植するという
再生医療の根幹を揺るがしかねない事態
となる可能性がある。

 残念ながらZhao氏らの結果は、
その恐れていたことが現実だとはっきり
示唆していた。

 同種間移植(近交系マウスを用いた実験
なので、意味的には自家移植とほぼ同じ)
されたiPS細胞の実に75-100%が免疫拒絶
されてしまったのだ。

 対照群として、「人工」ではなく
「天然」の幹細胞である胚性幹細胞
(ES細胞)を同種間移植した場合の
免疫拒絶は、皆無だった。
---------------------------------------

至急検証が必要です。

日本では聞かなかった話です。

いろいろ研究がされているので、拒絶反応
が出ればわかるはずですが?

再生医療の臨床も始まろうとしている
この時に気になる論文が出ました。

もっとも、研究がさらに進めば解決される
であろうという希望はありますが、
気になります。

|

« 東大など、「自己熱再生理論」によるバイオエタノール製造の省エネ化を実現 | トップページ | ソフトバンク、NHK中継局約1,000か所を取得へ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53925647

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞の実用化に立ち込める暗雲 ? 米・カリフォルニア大学:

« 東大など、「自己熱再生理論」によるバイオエタノール製造の省エネ化を実現 | トップページ | ソフトバンク、NHK中継局約1,000か所を取得へ »