« 筋肉骨化の難病、患者のiPS細胞で治療薬に道 | トップページ | 水素生成時のCO2、植物工場で活用 千葉大と東ガス研究 »

2012年1月26日 (木)

新型インフルエンザウイルス検出に期待の新技術が登場

新型インフルエンザウイルス検出に
期待の新技術が登場

-独自開発したRT-SmartAmp 法を適用し
迅速かつ高感度の検出が可能に-
平成24年1月26日 理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

良さそうです。
>タンパク質レベルで検出する従来の
>簡易検査キットと比べて、遺伝子レベル
>での正確さとSmartAmp法が持つ優れた
>DNA増幅能により100倍もの高感度が
>実現できました。
>さらにインフルエンザ治療薬の
>「タミフル」に耐性のウイルスや
>新型変異ウイルスの検出にも対応可能
>です。
とのことです。

|

« 筋肉骨化の難病、患者のiPS細胞で治療薬に道 | トップページ | 水素生成時のCO2、植物工場で活用 千葉大と東ガス研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53830104

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザウイルス検出に期待の新技術が登場:

« 筋肉骨化の難病、患者のiPS細胞で治療薬に道 | トップページ | 水素生成時のCO2、植物工場で活用 千葉大と東ガス研究 »